JAL、国内線777を22年度末全機退役 A350へ刷新、ZIPAIRに787を2機移管

no title

 日本航空(JAL/JL、9201)は10月30日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により事業構造を見直した。国際線と国内線に投入している大型機のボーイング777型機を早期退役させ、後継のエアバスA35 […]…

このサイトの記事を見る