787

no title 000注目記事

印ビスタラ、羽田6月就航へ デリーから週1往復、787-9で

 インドの新興航空会社ビスタラ(VSS/UK)は現地時間6月16日に、デリー-羽田線の直行便を開設する。ボーイング787-9型機を投入し、週1往復運航する。同社が日本に乗り入れるのは初めて。 —記事の概要&# ...
no title 000注目記事

JAL、A350-1000は計画通り23年度就航 ZIPAIRも新造機受領へ

 日本航空(JAL/JL、9201)は5月7日、長距離国際線の次世代機エアバスA350-1000型機を計画通り2023年度に就航させると発表した。現行のボーイング777-300ER型機の後継機で、欧米路線に投入する。IA ...
no title 001並び記事

ボーイング、最終赤字も損失縮小 納入は9四半期ぶり前年超え、21年1-3月期

 ボーイングの2021年1-3月期(第1四半期)決算は、純損益が5億6100万ドル(約613億7900万円)の赤字(前年同期は6億4100万ドルの赤字)だった。売上高は10%減の152億1700万ドル、営業損益は8300 ...
no title 000注目記事

シンガポール航空、A350と787元手に1637億円調達 セール&リースバックで

 シンガポール航空(SIA/SQ)は、エアバスA350-900型機とボーイング787-10型機をセール・アンド・リースバックする形で、総額約20億シンガポールドル(約1637億円)を調達したと現地時間5月3日に発表した。 ...
no title 000注目記事

就航9年で50機超 特集・JAL 787客室の変遷

 日本航空(JAL/JL、9201)が運航するボーイング787型機が50機を超えた。2012年の就航から9年、まだ787が「7E7」と呼ばれていた2004年の発注から数えると17年が過ぎた。就航当初は国際線のみに投入して ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ、A350-900と787-9追加発注 787は未納入機買い付け

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)を中核とするルフトハンザグループは現地時間5月3日、エアバスA350-900型機とボーイング787-9型機を5機ずつ計10機追加発注すると発表した。長距離国際線用機材で、787- ...
no title 000注目記事

プレエコなくした国際線中型機 写真特集・JAL 11代目CA新制服と主要機材(3)787-8 E12編

 客室乗務員など運航に携わる日本航空(JAL/JL、9201)の社員が、2020年4月から新制服を着用して1年が過ぎた。同年夏に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックを視野に入れ、2013年6月以来のリニューアル ...
no title 000注目記事

ボーイング、787の在庫100機 年内納入目指す

 ボーイングは、3月に引き渡しを再開した787型機について、約100機の在庫があることを明らかにした。デビッド・カルフーン社長兼CEO(最高経営責任者)は現地時間4月28日に、「在庫となっている787の大部分は、年内に納 ...
no title 000注目記事

JALの787、51機目は羽田到着 長距離国際線仕様

 日本航空(JAL/JL、9201)として51機目となるボーイング787-9型機(登録記号JA882J / LN1059 / MSN66515)が4月24日午後、羽田空港に到着した。22日に成田へ到着した50号機とほぼ同 ...
no title 000注目記事

JAL、50機目の787成田到着 就航から9年

 日本航空(JAL/JL、9201)で50機目のボーイング787型機となる機体(787-9、登録記号JA881J)が4月22日、成田空港に到着した。現地時間22日には51機目(787-9、JA882J)を受領予定で、24 ...
no title 000注目記事

JAL、羽田-モスクワ定期便就航 週1往復、1年1カ月遅れで

 日本航空(JAL/JL、9201)は4月22日、羽田-モスクワ(シェレメチェボ)線の定期便運航を開始した。週1往復運航する。当初は2020年夏ダイヤ期初に開設予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の ...
no title 000注目記事

ANA、パリ発NH216便がシベリアに緊急着陸 パイロットが体調不良

 全日本空輸(ANA/NH)のパリ発羽田行きNH216便(ボーイング787-8型機、登録記号JA814A)が現地時間4月19日、露シベリアの中心都市ノヴォシビルスクに緊急着陸した。ANAによると、パイロットが体調不良にな ...
no title 002特別記事

JALとANA、聖火輸送787の模型当たるTwitterキャンペーン

 日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸は4月14日、聖火特別輸送機「TOKYO 2020号」のモデルプレーンやステッカーが当たるキャンペーンを始めた。27日まで。  聖火リレーが3月25日から始まったことを記念 ...
no title 000注目記事

ZIPAIR、アジア2路線開設へ 3号機は今年後半

 日本航空(JAL/JL、9201)の100%子会社で中長距離国際線LCCのZIPAIR(ジップエア、TZP/ZG)は4月7日、貨物収入が見込める台湾など2カ国・地域への就航を検討していることを明らかにした。いずれも9月 ...
no title 000注目記事

ANAのフランクフルト行きNH203便、シベリアに臨時着陸 エンジンオイル異常表示

 日本時間4月4日午前5時50分ごろ、全日本空輸(ANA/NH)は4月4日、羽田発フランクフルト行きNH203便(ボーイング787-9型機、登録記号JA872A)がロシア上空を飛行中、コックピット内に左側エンジンオイルの ...
no title 002特別記事

韓国新LCCエア・プレミア、787-9初受領 ALCからリース

 米国の航空機リース会社エアリース・コーポレーション(ALC)は現地時間3月31日、新規就航を目指す韓国の中長距離LCC、エア・プレミア(APZ/YP)にボーイング787-9型機の同社向け初号機(登録記号HL8387)を ...
no title 002特別記事

ZIPAIR、ソウル線とバンコク線搭乗券販売 7-10月分

 ZIPAIR(ジップエア、TZP/ZG)は3月23日、成田-ソウル(仁川)線とバンコク線(スワンナプーム)線の7月1日から10月30日までの搭乗券の販売を始めると発表した。23日午後6時から販売する。  ソウル線は週3 ...
no title 002特別記事

シンガポール航空、福岡増便 週2往復に

 シンガポール航空(SIA/SQ)は3月23日、シンガポール-福岡線を現地時間4月3日から週2往復に増便すると発表した。  従来は週1往復で木曜のみだったが、土曜も運航。運航スケジュールは、福岡行きSQ656便がシンガポ ...
no title 002特別記事

ユナイテッド航空、成田-ロサンゼルス4月再開 貨物堅調で週2往復

 ユナイテッド航空(UAL/UA)は3月10日、日本路線の4月以降の運航計画を発表した。現行の成田3路線に加え、旺盛な貨物需要に対応するためロサンゼルス-成田線を週2往復で再開する。  4月に運航するのは成田発着4路線。 ...
no title 001並び記事

KLMオランダ航空、成田1日1往復 関空は週5往復、夏ダイヤ

 KLMオランダ航空(KLM/KL)は、3月28日に始まる夏ダイヤ期間の日本路線について、運航スケジュールを発表した。アムステルダム-成田線は週7往復(1日1往復)、関西線は週5往復を計画する。新型コロナウイルス感染症( ...