JALのA350-1000、初年度は2機導入 ZIPAIR向け787は納入再開懸念

no title

 日本航空(JAL/JL、9201)は、2023年度から導入を始める長距離国際線機材のエアバスA350-1000型機を初年度は2機受領する。確定発注は13機で、現在の中期経営計画の最終年度となる2025年度末には9機体制 […]…

このサイトの記事を見る