A350 XWB

no title 000注目記事

ベトナム航空、成田発増便11月に後ろ倒し 関空発はエコノミー設定なし

 ベトナム航空(HVN/VN)は、9月21日から開始した日本発のベトナム2都市行き片道便について、成田線の増便と関西線の運航開始を11月中旬に後ろ倒しする。2空港からホーチミンとハノイ行きを運航するもので、日本を含む外国 ...
no title 000注目記事

JALのA350、11号機が羽田到着 発注分6割を受領、初便は16日

 日本航空(JAL/JL、9201)のエアバスA350-900型機の11号機(登録記号JA11XJ)が9月12日午前、羽田空港の格納庫前に到着した。初便は16日の羽田発那覇行きJL903便となる見通し。JALが今年度にA ...
no title 000注目記事

スカンジナビア航空、A350受領延期 残り2機は24年度

 スカンジナビア航空(SAS/SK)は、2022年と2023年に受領予定だった2機のエアバスA350-900型機の受領を延期した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による需要減退のためで、2024年度(2 ...
no title 000注目記事

JAL、劣後ローンなどで3000億円調達 A350-1000導入やコロナ長期化対応

 日本航空(JAL/JL、9201)は9月10日、総額3000億円規模の資金調達を実施すると正式発表した。劣後ローンとハイブリッド社債(劣後特約付社債)を用いることで、財務体質の悪化を避けて資金を調達する。新型コロナウイ ...
no title 000注目記事

ベトナム航空、成田・関空からベトナム行き片道便 3月まで4路線

 ベトナム航空(HVN/VN)は9月21日から、日本発のベトナム2都市行き片道便の運航を開始する。日本を含む外国籍の人向けに運航し、ベトナム人は原則利用できない。夏ダイヤ最終日の10月30日までは成田発のホーチミンとハノ ...
no title 000注目記事

JAL、3000億円規模の資金調達へ 成長投資や機材更新でコスト削減

 日本航空(JAL/JL、9201)は、3000億円規模の資金調達実施に向けて検討に入った。9月9日午前に日本経済新聞が報じたもので、JALも資金調達を検討していることを認めた。2021年4-6月期の自己資本比率は42. ...
no title 002特別記事

デルタ航空、中部-デトロイト臨時便 12月に2往復、帰国需要で

 デルタ航空(DAL/DL)は9月9日、デトロイト-中部(セントレア)線の臨時便を12月に運航すると発表した。年末年始の帰国需要によるもので、2往復運航する。  デトロイト発は12月11日と18日の土曜、中部発は13日と ...
no title 000注目記事

トイレのロック表示もひと工夫 特集・就航2周年を迎えたJAL A350

 2013年10月7日。日本航空(JAL/JL、9201)はエアバスA350 XWBを最大56機導入すると発表した。標準型のA350-900が18機、長胴型のA350-1000が13機の計31機が確定発注で、このほかにオ ...
no title 000注目記事

JAL、羽田-伊丹にA350 伊丹-那覇にもファーストクラス、冬ダイヤ計画

 日本航空(JAL/JL、9201)グループは8月24日、2021年度冬ダイヤ(10月31日から22年3月26日)の国内線計画を決定した。低騒音機のエアバスA350-900型機の導入を進め、羽田-伊丹線にも投入するほか、 ...
no title 000注目記事

JAL、10機目のA350就航 初便の那覇行きファーストクラス満席

 日本航空(JAL/JL、9201)は8月24日、エアバスA350-900型機の10号機(登録記号JA10XJ)を国内線に就航させた。初便は羽田発那覇行きJL907便で、乗客140人(幼児5人含む)を乗せ午前8時59分に ...
no title 002特別記事

デルタ航空、中部にA350投入 10月から大型化

 デルタ航空(DAL/DL)は8月23日、デトロイト-中部(セントレア)線にエアバスA350-900型機を10月から投入し、大型化すると発表した。デトロイト発が現地時間10月1日から、中部発は3日からで、週1往復運航する ...
no title 002特別記事

ベトナム航空、9-10月は成田行き片道2路線 ハノイ・ホーチミン発

 ベトナム航空(HVN/VN)は9月1日からの日本路線について、ハノイとホーチミン発の成田行き片道のみ運航を継続する。成田発を含め、他路線の旅客便は引き続き運休となる。  夏ダイヤ最終日の10月30日まで、ハノイ発成田行 ...
no title 000注目記事

JAL、10機目のA350羽田到着 機材更新でCO2排出量削減

 日本航空(JAL/JL、9201)のエアバスA350-900型機の10号機(登録記号JA10XJ)が8月20日午前、羽田空港の格納庫前に到着した。早ければ月内にも国内線に投入する見通し。JALが今年度にA350を受領す ...
no title 000注目記事

エールフランス、A350が羽田就航

 エールフランス航空(AFR/AF)は現地時間8月11日、パリ-羽田線にエアバスA350-900型機を投入した。同社の日本路線では初めてで、羽田発は12日から。  パリ-羽田線の運航日は、パリ発が水曜と金曜、日曜、羽田発 ...
no title 000注目記事

エールフランス、羽田-パリ線にA350 8/12から

 エールフランス航空(AFR/AF)は8月10日、エアバスA350-900型機をパリ-羽田線に投入すると発表した。同社の日本路線では初めてで、パリ発が現地時間11日から、羽田発は12日から。  パリ-羽田線の運航日は、パ ...
no title 000注目記事

カタール航空、A350を一部運航停止 13機、塗装劣化で

 カタール航空(QTR/QR)は現地時間8月5日、保有するエアバスA350 XWBのうち、13機を地上待機させていると発表した。機体表面の塗装劣化が早まっていることによるもので、代替措置としてA330を投入している。   ...
no title 000注目記事

JAL、破綻教訓に貨物機導入せず 菊山専務「ボラティリティ高い」

 日本航空(JAL/JL、9201)の財務・経理本部長の菊山英樹専務は8月3日、貨物専用機導入や旅客機の貨物機改修に否定的な考えを示した。世界的な国際線の運休や海運需要のひっ迫で同社の貨物事業は好調だが、「ボラティリティ ...
no title 000注目記事

エアバス、A350貨物型開発へ 25年就航視野

 エアバスは、A350型機の貨物型の開発を取締役会で承認した。2025年の就航を目指す。  現地時間7月29日の決算発表で明らかにしたもので、顧客や機体の詳細には言及しなかった。A350は標準型のA350-900と長胴型 ...
no title 002特別記事

金の鶴丸ロゴA350、コンテナも金色 写真特集・みんなのJAL2020ジェット3号機

 日本航空(JAL/JL、9201)の機体では初めて垂直尾翼に描かれた鶴丸ロゴが金色になった「みんなのJAL2020ジェット」の3号機(エアバスA350-900型機、登録記号JA06XJ)。7月23日に開幕した東京オリン ...
no title 002特別記事

エアバス、天津デリバリーセンターでA350初納入 中国東方航空へ

 エアバスは現地時間7月21日、中国・天津のワイドボディー・コンプリーション&デリバリー・センター(C&DC)でA350-900型機を初納入した。エアバス機の運航規模では世界2位の中国東方航空(CES/MU)へ ...