JAL、退役777国内で解体 取り下ろし部材に“ストーリー性”、ガチャなど新たな商品に

no title

 日本航空(JAL/JL、9201)グループは、2020年度で全機退役したボーイング777型機の国内線仕様機について、機体をリサイクルすることにより廃棄物の削減を進めている。多くの廃材を再活用し、一部は別の製品にアップサ […]…

このサイトの記事を見る