ボーイング、北東アジアの新造機需要1385機 2040年までの20年予測、単通路は720機

no title

 ボーイングは11月19日、日本と韓国、台湾からなる北東アジア地域での民間航空機の新造機需要が、2040年までの20年間に機数ベースで1385機、金額ベースでは3100億ドル(約35兆円)になると都内で発表した。アジア太 […]…

このサイトの記事を見る