世界の航空需要回復で「デジタル健康証明」導入が急務に、空港の滞在時間が8時間になる試算も、回復予測は1年前倒し

no title

国際航空運送協会(IATA)が、世界の旅客数が2023年には2019年レベルに回復する予測。昨年発表の2024年から1年前倒し。需要回復時の混雑への対応として入管でのデジタル証明導入を求めている。…

このサイトの記事を見る