IATA

thumbnail image IATA

IATA: Airlines to remain cash negative through 2021

IATA issued this report:The International Air Transport Association (IATA) released new analysis showing that the airline industry is expected to remain cash negative throughout 2021. Previous analysi...
no title IATA

航空流通の未来図はどうなる? 新流通規格NDCが一気に前進、最終ゴールに「古いレガシーは不要」【外電】

IATA(国際航空運送協会)が推進する航空サービス流通規格「NDC」の次の展開は? 米旅行メディア「フォーカスライト」が、航空リテール業界の最新動向を紹介。...
no title IATA

国際航空運送協会、世界の2021年航空需要予測を下方修正、2020年は航空史上最大の下落に

国際航空運送協会(IATA)が2021年の世界の航空旅客需要予測を下方修正。変異株感染の拡大で当初予測の前年比50.4%増(2019年の50.6%)から同13%増(2019年の38%)にとどまる恐れ。2020年は65.9%減で航空史上最大の下落。...
no title 002特別記事

国際・国内利用率57.5% IATA、20年12月旅客実績

 IATA(国際航空運送協会)の2020年12月の世界旅客輸送実績は、国際線と国内線の合計で、有償旅客の輸送距離を示すRPK(有償旅客キロ)は前年同月比69.7%減、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は56.7%減と ...
no title 002特別記事

国際・国内利用率64.8% IATA「史上最も急減」2020年旅客実績

 IATA(国際航空運送協会)が現地時間2月3日発表した2020年暦年の世界旅客輸送実績によると、国際線と国内線を合わせた有償旅客の輸送距離を示すRPK(有償旅客キロ)は前年比65.9%減、座席供給量を示すASK(有効座 ...
no title 000注目記事

21年の航空需要、コロナ変異株流行で下振れも IATA予測、成長率を下方修正

 IATA(国際航空運送協会)は現地時間2月3日、2021年の航空需要が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の変異株流行などにより、2020年と比較し13%の増加にとどまるとの悲観的なシナリオを発表した。IATA ...
no title IATA

国際航空運送協会、国際線再開に向けて3つの提言、スマホパスポート普及やワクチン接種証明と検査体制の基準化を

国際航空運送協会(IATA)は、国際線再開に向けて、ワクチン接種証明書の統一化、グローバルな検査体制の確立、ePassportの普及の3つの提言を発表。...
no title IATA

中東の航空3社、IATAトラベルパスの実証を開始、結果を受けて他路線へ拡大へ

エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空の中東3社は、国際航空運送協会(IATA)が開発するデジタル健康パス「IATAトラベルパス」の実証を今春から開始。非接触で安全かつシームレスな手続きに期待は大きい。...
no title 002特別記事

国際・国内利用率58.0% IATA、20年11月旅客実績

 IATA(国際航空運送協会)の2020年11月の世界旅客輸送実績は、国際線と国内線の合計で、有償旅客の輸送距離を示すRPK(有償旅客キロ)は前年同月比70.3%減、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は58.6%減と ...
no title 000注目記事

JGS、グラハン国際基準「ISAGO」取得で安全・品質向上 コロナ後の新規受託目指す

 航空機を運航する上で不可欠な業務の一つが、機体の誘導や貨物の搭降載など空港のグランドハンドリング(地上支援)業務だ。ここ数年は自動運転や手荷物の搭載ロボットの実証など、仕事の進め方が数十年間変わらなかったと言われるグラ ...
no title IATA

デジタル健康認証「IATAトラベルパス」、今年3月末までに提供開始へ、別組織のデジタルパスとも互換性

国際航空運送協会(IATA)は、現在開発中のデジタル健康認証「IATAトラベルパス」について、今年3月末までに提供する。4つのモジュールを個別に利用することで、他デジタルパスを補完することもできるように。...
no title 002特別記事

国際・国内利用率60.2% IATA、20年10月旅客実績

 IATA(国際航空運送協会)の2020年10月の世界旅客輸送実績は、国際線と国内線の合計で、有償旅客の輸送距離を示すRPK(有償旅客キロ)は前年同月比70.6%減、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は59.9%減と ...
no title IATA

航空業界の復活に4つの提言、国際航空運送協会が世界共通の感染防止対策を呼びかけ、デジタルパスで健康情報の管理を

国際航空運送協会 (IATA)事務総長が、来年に向けて世界の航空業界が取り組むべきことを提言。国際航空再開の鍵はグローバルな感染防止対策の遵守、ワクチン輸送の確立、組織的な検査体制の整備、デジタルパスの活用の4つ。...
no title IATA

航空旅客向けのデジタル健康認証アプリ「IATAトラベルパス」を発表、電子パスポートと連動で来年早期に運用へ

国際航空運送協会 (IATA)は、検査情報などを管理できるモバイルアプリ「IATAトラベルパス」の設計概要を公表。検査結果やワクチン接種などの情報を暗号化してモバイル端末に保存。...
no title 000注目記事

JAL系JGS、羽田・成田で国際グラハン基準「ISAGO」取得

 日本航空(JAL/JL、9201)グループで、航空機の誘導や貨物の搭降載など空港のグランドハンドリング(地上支援)業務を担うJALグランドサービス(JGS)は12月16日、国際基準「ISAGO(アイサゴ、IATA Sa ...
no title 000注目記事

ANAと成田空港、人身取引防止セミナー JALも要綱策定、業界全体で防止へ

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は12月10日、飛行機を利用した人身取引防止をテーマとしたセミナーを、成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)と共催した。パネルデ ...
no title 002特別記事

ANA、25年までに女性進出拡大へ IATAのプロジェクト、日本初参画

 全日本空輸(ANA/NH)は11月30日、IATA(国際航空運送協会)が進める女性活躍推進に関するプロジェクト「25by2025」に参画すると発表した。2025年までに各職種への女性進出拡大を目指し、航空業界全体でダイ ...
no title IATA

世界で試験運用が進む「デジタル検査証明」、航空会社や空港が積極導入、海外旅行の本格再開に向けて切り札になるか【外電】

本格的な海外旅行再開に向けて、現在さまざまな「デジタル・ヘルス・パス」の運用試験が実施されている。IATAも独自のデジタルパスを投入する考え。...
thumbnail image IATA

IATA: COVID-19 shakes up the rankings of the world airports for connections (China now has the top four cities)

The International Air Transport Association (IATA) released data revealing that the COVID-19 crisis has had a devastating impact on international connectivity, shaking up the rankings of the world’s m...
no title IATA

さらに膨らむ世界の航空業界の損失、2020年は12兆円の予測、回復に向かうのは2021年半ばか

国際航空運送協会(IATA)は、2020年の航空業界の損失額予想を6月に発表した約9兆円から約12兆円に修正。来年も約4兆の損失を見込む。...