JAL赤坂社長「国際線は25年度も影響残る」今年度はコロナ前45%、国内線9割

no title

 日本航空(JAL/JL、9201)の赤坂祐二社長は5月6日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響前の需要に戻る時期について、現在の中期経営計画の最終年度となる2025年度までの回復は難しいとの見方を示した […]…

このサイトの記事を見る