福岡空港、国内線でグラハン車両の共用化検証 ANAやJALなど5社24台参加

no title

 福岡空港を運営する福岡国際空港会社(FIAC)は、飛行機のトーイングカー(牽引車)など空港のグランドハンドリング(地上支援)業務に使用するGSE(航空機地上支援車両)の将来的な共有化に向けた実証実験を12月16日から始 […]…

このサイトの記事を見る