A321

no title 000注目記事

ルフトハンザ・カーゴ、A321を貨物機に改修 22年から2機

 ルフトハンザ・カーゴ(GEC/LH)は、旅客機のエアバスA321型機を貨物機に改修し、2022年初頭から2機投入する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で旅客需要の回復が遅れる一方で、貨物需要が旺盛なこ ...
no title 001並び記事

[雑誌]「ANAフリートの研究」月刊エアライン 21年8月号

 月刊エアライン(イカロス出版)2021年8月号が6月30日発売。1430円(税込)。 ◆特集 「ANAフリートの研究」 ANAフリートの大研究!A380 FLYING HONUのチャーターフライト、777-300ERを ...
no title 000注目記事

エアバス、A350も増産 A320は月産45機に

 エアバスは現地時間5月27日、民間機の生産計画を発表した。A320neoを中核とする小型機のA320ファミリーを10-12月期(第4四半期)から月産45機に増産し、大型機A350は来秋に月産6機へ生産レートを引き上げる ...
no title 002特別記事

エアバス、A321最終組立工場の新設再開 トゥールーズに

 エアバスは、仏トゥールーズにA321neoの最終組立ラインを新設する作業を再開した。2022年末までに稼働する見通し。A321neoなど単通路機の生産レートが、2023年から2025年に新型コロナウイルス感染症(COV ...
no title 000注目記事

ANA、23日まで臨時便継続 羽田-仙台など3路線

 全日本空輸(ANA/NH)は、臨時便の運航を2月21日から23日まで継続する。3路線が対象で、通常は定期便を運航していない羽田-仙台間を1日4往復運航し、定期便を運航している羽田-秋田線は同1往復、伊丹-仙台線は同1往 ...
no title 000注目記事

ANA、羽田-仙台など臨時便継続 20日まで4路線

 全日本空輸(ANA/NH)は、臨時便の運航を2月16日から20日まで継続する。4路線が対象で、通常は定期便を運航していない羽田-仙台間を1日4往復、羽田-福島間を同2往復運航し、定期便を運航している羽田-秋田線は同1往 ...
no title 000注目記事

JALとANA、羽田-仙台臨時便 東北新幹線運休で

 日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は2月14日、福島県沖を震源とする地震被害による東北新幹線の一部運休に伴い、臨時便の運航を追加発表した。両社とも羽田-仙台間の臨時便を運航する。 JAL   ...
no title 000注目記事

JALとANA、東北新幹線運休で臨時便や大型化

 2月13日夜に福島県沖を震源に東北地方で最大震度6強を観測した地震の影響で、東北新幹線が15日まで一部運休が決まったことに伴い、航空各社では14日から15日にかけて臨時便の運航や機材の大型化を実施する。2日間で、日本航 ...
no title 000注目記事

那覇空港の滑走路無断進入、アシアナ機長が指示誤認 運輸安全委が報告書

 1年半前の2019年7月21日に、那覇空港で韓国のアシアナ航空(AAR/OZ)のソウル(仁川)行きOZ171便(エアバスA321型機、登録記号HL8256)が管制官の指示に従わず、着陸直前の旅客機がいる滑走路へ進入した ...
no title 002特別記事

ベトナム航空、福岡から帰国支援便 14日、ニャチャン経由カントー行き

 ベトナム航空(HVN/VN)は現地時間11月14日に、福岡発の在留ベトナム人の帰国支援便を運航する。沿岸リゾート地のニャチャンを経由し、南部のカントーへ向かう。  14日の福岡行きVN350便はホーチミンを午前6時50 ...