機体

no title A320

ラタム航空、A320の降下最適化でCO2削減 200機以上改修

 エアバスは現地時間9月22日、LATAM(ラタム)航空グループ傘下のラタム航空(LAN/LA)が運航するA320ファミリーのFMS(フライトマネージメントシステム)を、DPO(降下プロファイル最適化)機能を搭載したもの ...
no title 002特別記事

HAC、ATRの2022年卓上カレンダー 10月から販売

 北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)は9月22日、2022年版の卓上カレンダーを10月1日から機内や空港で販売すると発表した。2020年4月に就航した22年ぶりの新機材であるATR42-600型機を拠点の札幌・丘 ...
no title 000注目記事

スターフライヤーの13号機、9月末で退役 7年8カ月で返却、11機体制に

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は9月22日、エアバスA320型機の13号機(登録記号JA23MC)を30日に退役すると発表した。2014年1月の導入以来、7年8カ月での退役となる。定期便の最終便で退役記念の ...
no title 000注目記事

タイ国際航空、羽田-バンコク22年1月再開 787で週3往復

 タイ国際航空(THA/TG)は、運休中のバンコク(スワンナプーム)-羽田線を現地時間2022年1月1日から再開する。羽田発は翌2日からで、週3往復運航する。  運航日はバンコク発が火曜と木曜、土曜で、羽田発は翌日。運航 ...
no title 000注目記事

ベトナム航空、成田発増便11月に後ろ倒し 関空発はエコノミー設定なし

 ベトナム航空(HVN/VN)は、9月21日から開始した日本発のベトナム2都市行き片道便について、成田線の増便と関西線の運航開始を11月中旬に後ろ倒しする。2空港からホーチミンとハノイ行きを運航するもので、日本を含む外国 ...
no title 000注目記事

ANA、ヤフオクでファーストクラスのシート入札開始

 ヤフーが運営するオークションサイト「ヤフオク!」で9月21日午前10時、全日本空輸(ANA/NH)の国際線ファーストクラスシートの入札が始まった。ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の全日空商事が出品した ...
no title 000注目記事

初の新千歳夜間駐機も ANAのA380、発着異なる初チャーター終える

 全日本空輸(ANA/NH)が総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を使い、9月18日から2泊3日で実施した成田-札幌(新千歳)チャーターの復路となる新千歳発NH2022便 ...
no title 000注目記事

ANAのA380、北海道内を遊覧飛行 新千歳発着で373人参加

 全日本空輸(ANA/NH)は9月19日、総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」の初号機(登録記号JA381A)による新千歳空港発着の遊覧飛行を実施した。約1時間半のフライ ...
no title 001並び記事

[雑誌]「特集・空自機、アフガンへ急派」航空ファン 21年11月号

 航空ファン(文林堂)2021年11月号が9月21日発売。1362円(税込)。 ◆特集・空自機、アフガンへ急派 アメリカ軍の完全撤退を前に、タリバンの攻勢により政権が崩壊したアフガニスタン。各国が自国民の退避支援に動くな ...
no title 001並び記事

[雑誌]「防災ヘリコプター」航空情報 21年11月号

 航空情報(せきれい社)2021年11月号が9月21日発売。1426円(税込)。 特集 防災ヘリコプター  日本の消防防災ヘリコプターの配備状況および主要機体の解説  捜索救難ヘリコプターの専用装備について  Topic ...
no title 000注目記事

ANA、A380で成田-新千歳チャーター初開催 2年3カ月ぶり飛来

 全日本空輸(ANA/NH)は9月18日、総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」によるチャーターフライトを、成田-札幌(新千歳)間で実施した。出発地と到着地が異なるA380 ...
no title 001並び記事

ボーイング、無人機MQ-25の新工場建設 24年完成

 ボーイングは現地時間9月17日、無人空中給油機MQ-25「スティングレイ」の量産に向けて、米イリノイ州のミッドアメリカ・セントルイス空港内に新工場を建設すると発表した。2024年に完成予定で、米海軍が70機以上調達する ...
no title 002特別記事

ロールス・ロイス、全電動航空機の初飛行成功

 ロールス・ロイスは、全電動航空機「スピリット・オブ・イノベーション」(登録記号G-NXTE)の初飛行に成功した。500馬力以上(400KW)の電動パワートレインと航空機用では最も高密度のバッテリーパックを積んで離陸し、 ...
no title 000注目記事

ANA、ヤフオクにファーストクラスのシート出品 21日から入札受付

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の全日空商事は9月17日、ヤフーが運営するオークションサイト「ヤフオク!」に出品するファーストクラスのモックアップ(模型)シートや実機で使用していたウインドウフレームを ...
no title 000注目記事

ボーイング、2040年までに新造機需要4.3万機 20年予測

 ボーイングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた民間航空市場が回復傾向にあり、長距離国際線は2024年までにコロナ前の水準に戻るとの市場予測を発表した。今年から2040年までの20年間で、民間機 ...
no title 000注目記事

SkyDrive、空飛ぶクルマ実現へ大阪府・大阪市と協定締結

 空飛ぶクルマや物流ドローンを開発するSkyDrive(スカイドライブ、東京・新宿区)は9月14日、大阪府と大阪市と大阪での空飛ぶクルマの実現に向けて連携協定を結んだ。地域経済の活性化や、2025年に開かれる大阪・関西万 ...
no title 000注目記事

A320、33年で1万機納入到達 受注は1.5万機超

 エアバスの単通路機A320ファミリーは、累計納入数が8月に1万機に到達した。月内に33機引き渡したことによるもので、納入開始から33年5カ月での達成となった。 —記事の概要— ・8月に達成。節目 ...
no title 000注目記事

STOL型ATR42-600Sの日本就航に期待 特集・ATRボルテリCEOに聞く

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響長期化で、航空会社は国際線を中心に大量減便や運休を強いられているが、IATA(国際航空運送協会)の予測では各国の国内線から回復し、2024年には航空需要がコロナ前の水準 ...
no title 000注目記事

ボーイング受注、前年6倍超 787納入ゼロ続く、8月実績

 ボーイングの2021年8月の引き渡しは22機(前年同月13機)だった。受注は53機で、8機だった前年同月を6倍以上上回った。納入・受注とも単通路機の737 MAXが多くを占めた一方、製造時の不具合が生じている主力の78 ...
no title 000注目記事

無人機MQ-25、米海軍F-35Cに空中給油成功

 ボーイングは現地時間9月14日、無人空中給油機MQ-25「スティングレイ」のT1試作機(N234MQ)が米海軍の戦闘機F-35C「ライトニングII」への初の空中給油を成功させたと発表した。  今回の空中給油は、T1試作 ...