機体

no title 000注目記事

ピーチ、中部-那覇・石垣就航 コロナで式典中止

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は1月22日、中部(セントレア)-那覇線と石垣線の沖縄2路線を開設した。2路線とも1日1往復のデイリー運航で、中部-石垣線をLCCが運航するのは初めて。那覇線と石垣線の就航で、同社 ...
no title 000注目記事

春秋航空日本、成田-南京就航 隔週運航、防護服姿の旅客も

 春秋航空日本(SJO/IJ)は1月22日、成田-南京線の運航を開始した。当面は隔週の金曜のみの運航で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)後の需要拡大を見込む。南京就航により、同社の国際線は7路線となった。初便 ...
no title 000注目記事

エアバス、A320月産45機に増産 市場回復は23-25年

 エアバスは現地時間1月21日(日本時間22日)、小型機A320neoを中核とするA320ファミリーの生産レートを更新した。現在の月産40機を今年10-12月期(第4四半期)までに45機へ段階的に増産する。これまでは7月 ...
no title 000注目記事

アシアナ航空、A380で遊覧飛行 31日ソウル発着、宮崎上空を飛行

 韓国のアシアナ航空(AAR/OZ)は現地時間1月31日に、総2階建ての超大型機エアバスA380型機で遊覧飛行を実施する。ソウル(仁川)を出発後、宮崎上空を飛行するルートを計画する。韓国人のみが利用できる。  当日は仁川 ...
no title 002特別記事

米BBAM、737-800BCFを追加発注 最大12機

 ボーイングは航空機リースを手がける米BBAMから、旅客機の737-800型機を貨物機に改修する「737-800BCF(ボーイング・コンバーテッド・フレーター)」を最大12機追加受注したと現地時間1月19日に発表した。1 ...
no title 000注目記事

エア・ドゥの767初号機退役、22年の歴史に幕 CAは初代サロペット制服で

 エア・ドゥ(ADO/HD)が1998年12月の就航以来運航してきたボーイング767-300ER型機の同社向け初号機(登録記号JA98AD)が1月20日、札幌(新千歳)発羽田行きHD20便を最後に退役した。同社にとってフ ...
no title 002特別記事

エア・ドゥの夏ダイヤ、羽田-旭川・函館小型化 多客期は供給拡大

 エア・ドゥ(ADO/HD)は1月19日、夏ダイヤ(3月28日から10月30日)の運航計画を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、機材の小型化や減便を一部路線で実施する一方、ゴールデンウイークや ...
no title 002特別記事

JAL、A350は14機体制に 21年度国内線、777は早期退役

 日本航空(JAL/JL、9201)は1月19日、導入を進めている大型機エアバスA350-900型機を2021年度内は6機導入し、受領済みの8機と合わせて14機体制にすることを明らかにした。いずれも国内線に投入する。これ ...
no title 000注目記事

737MAX、カナダでも再開承認 20日に禁止解除

 カナダ運輸省は現地時間1月18日、2度の墜落事故を起こしたボーイング737 MAXのカナダ国内での運航再開を承認した。20日に運航禁止を解除する。カナダではエア・カナダ(ACA/AC)とウエストジェット(WJA/WS) ...
no title 002特別記事

[書籍]真山仁『ロッキード』

 小説家・真山仁氏の著書『ロッキード』(文藝春秋)が1月13日発売。2250円(税別)。  「角栄はなぜ葬られたのか? 新証言と膨大な資料を駆使した人気作家渾身の超弩級ノンフィクション、ついに刊行!。  フワフワとした事 ...
no title 001並び記事

[雑誌]「”チャック”イェーガー物語 / 第301飛行隊F-4EJからF-35Aへ」航空ファン 21年3月号

 航空ファン(文林堂)2021年3月号が1月21日発売。1362円(税込)。 ◆第1特集・“チャック”イェーガー物語 世界初の超音速飛行で知られるチャールズ“チャック”イェーガー氏が、2020年12月7日、97歳でこの世 ...
no title 000注目記事

ANAの777-300ERやジェットスターA320抹消 国交省の航空機登録20年12月分

 国土交通省航空局(JCAB)によると、2020年12月の航空機登録は、予約登録受付が11機、新規登録が8機、移転登録が17機、抹消登録が10機で、変更登録と予約登録取り下げはなかった。  新規登録では、日本航空(JAL ...
no title 001並び記事

ANAの777-200ER初号機抹消 国交省の航空機登録20年11月分

 国土交通省航空局(JCAB)によると、2020年11月の航空機登録は、予約登録受付が2機、新規登録が5機、移転登録が14機、変更登録が4機、抹消登録が6機で、予約登録取り下げはなかった。  新規登録では、全日本空輸(A ...
no title 002特別記事

ボーイング、737MAX納入再開 受注90機で大きく前年超え、20年12月

 ボーイングの2020年12月の引き渡しは39機(前年同月35機)で、2度の墜落事故を起こした737 MAXの納入を再開した。受注は90機(3機)で、前年同月を大きく上回った。  引き渡しの内訳は737が28機(前年同月 ...
no title 002特別記事

エアバス、20年12月納入89機 2カ月ぶり受注

 エアバスの2020年12月の引き渡しは89機(前年同月138機)だった。受注は2機(171機)で、10月以来2カ月ぶりの受注となった。  引き渡しの内訳は、A320ファミリーが67機(前年同月105機)、A330ファミ ...
no title 000注目記事

エアバスヘリ、日本向けH160初号機の初飛行成功 ANHへ納入

 エアバス・ヘリコプターズは1月14日、オールニッポンヘリコプター(ANH)へ納入予定の最新中型双発ヘリ「H160」が、同社の工場がある仏マリニャンヌで初飛行にこのほど成功したと発表した。H160の日本初導入は同機となる ...
no title 000注目記事

DHL、777F貨物機を8機追加発注 22機に

 DHLエクスプレスは現地時間1月13日、ボーイング777F貨物機を8機追加発注したと発表した。最初の機体は2022年に受領予定で、大陸間路線の拡充を進める。また、4機のオプション(仮発注)と購入権についても合意した。 ...
no title 002特別記事

9四半期ぶり受注前年超え ボーイング20年10-12月期、737MAX納入再開

 ボーイングの2020年10-12月期(第4四半期)の民間機引き渡しは、前年同期比20機(25.32%)減の59機だった。受注は41機(53.95%)増の117機で、2018年7-9月期(第3四半期)以来、9四半期ぶりに ...
no title 002特別記事

ANAのA380最終号機”書類上”納入 エアバス20年10-12月期、納入225機

 エアバスの2020年10-12月期(第4四半期)の引き渡しは、前年同期比67機(22.95%)減の225機だった。受注は815機(98.43%)減の13機となった。  機種別で見ると、引き渡しはA320シリーズが これ ...
no title 002特別記事

コンゴ・エアウェイズ、E195-E2も導入へ E2シリーズ4機に

 エンブラエルは現地時間1月13日、コンゴ・エアウェイズ(CGA/8Z)からE195-E2を2機確定受注したと発表した。コンゴはE190-E2を2機確定発注済みで、E2シリーズ4機分のカタログ価格は総額2億7200万ドル ...