機体

no title 777

エールフランス、羽田に新ビジネスクラス 夜便にはファーストも=23年夏ダイヤ

 エールフランス航空(AFR/AF)は11月29日、3路線ある日本路線の2023年夏ダイヤの運航計画を発表した。パリ-羽田線にはボーイング777-300ER型機を投入し、1日1往復を含む最大週11往復運航する。関西線は週 ...
no title 002特別記事

ピーチ、機材納入遅れで年末年始92便欠航

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は11月29日、12月27日から2023年1月13日までに運航予定だった国内3路線の計92便を欠航すると発表した。世界的なサプライチェーンの混乱により、エアバスからのA321LRの ...
no title 002特別記事

エア・プレミア、成田-ソウル12/23就航 787-9で週4往復

 成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)は11月29日、韓国の新興航空会社エア・プレミア(APZ/YP)が12月23日に開設するソウル(仁川)-成田線の運航スケジュールを発表した。同社初の日本路線で、週4往復運航す ...
no title 001並び記事

テラドローン、新オフィスに移転 ドローン試験空間も

 空飛ぶクルマやドローンを手掛けるTerra Drone(テラドローン、東京・渋谷区)は、本社オフィスを渋谷区の東建インターナショナルビルに移転した。組織の強化やコミニュケーションの円滑化によって事業拡大を目指す。  新 ...
no title 000注目記事

ユナイテッド航空、羽田-ニューヨーク23年1月就航 777-200ERで週3往復

 ユナイテッド航空(UAL/UA)は11月29日、ニューヨーク(ニューアーク)-羽田線を2023年1月5日から週3往復で開設すると発表した。羽田発は6日から。当初は2020年3月29日に就航予定だったが、新型コロナウイル ...
no title 002特別記事

バティックエアー・マレーシア、成田に737MAXで12/15就航 1月にデイリー化

 成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)は11月28日、バティックエアー・マレーシア(旧マリンド・エア、MXD/OD)が現地時間12月15日に開設するクアラルンプール-成田線の運航スケジュールなどを発表した。同社初 ...
no title 000注目記事

ベトナム航空、日本路線に787-10 大型化・臨時便で提供座席30%増=年末年始

 ベトナム航空(HVN/VN)日本支社は11月28日、ホーチミン-成田線などの日本7路線について、12月から2023年1月の一部日程で機材を大型化し、ボーイング787-10型機を投入すると発表した。また、中部2路線で年末 ...
no title 000注目記事

国際航空宇宙展、24年10月にビッグサイト開催 自衛隊70周年と連動

 一般社団法人日本航空宇宙工業会(SJAC)は、第16回目となるJA2024(2024年国際航空宇宙展)の開催日程を決定した。2024年10月16日から19日まで、東京ビッグサイトで開催する。航空宇宙防衛分野の企業などが ...
no title 002特別記事

新旧国産輸送機C-1・C-2が競演 写真特集・入間航空祭2022(2)

 2019年以来3年ぶりの開催となった入間航空祭。国産輸送機のC-2とC-1など航空自衛隊入間基地に所属する13機が、約2万7000人に展示飛行を披露した。  入間基地には国産輸送機のC-1とC-2が配備されており、徐々 ...
no title 001並び記事

[雑誌]「旅客機メーカーの最前線2023」月刊エアライン 23年1月号

 月刊エアライン(イカロス出版)2023年1月号が11月30日発売。1650円(税込)。  「ボーイング、エアバス、エンブラエル、ATRなどの最新状況を、「特集 旅客機メーカーの最前線2023」で徹底分析。中部国際空港に ...
no title 002特別記事

平均51歳ベテランパイロットが魅せる「シルバーインパルス」写真特集・入間航空祭2022(1)

 2019年以来3年ぶりの開催となった入間航空祭。国産輸送機のC-2とC-1など航空自衛隊入間基地に所属する13機が、約2万7000人に展示飛行を披露した。  今年は空自のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の飛来 ...
no title 002特別記事

エア・カナダ、日本5路線来夏に全面再開 提供座席数コロナ前超えへ

 エア・カナダ(ACA/AC)は、2023年3月26日に始まる同年夏ダイヤで、5路線ある日本路線をすべて再開する。一部の路線は機材を大型化するなど、座席供給量は新型コロナウイルス前の2019年を上回る見通し。 &#821 ...
no title 000注目記事

エア・カナダ、中部再開「当面ない」 ルージュは短距離注力

 エア・カナダ(ACA/AC)は、観光路線を主体とする系列のエア・カナダ ルージュ(ROU/RV)が運航していたバンクーバー-中部線について、当面は再開しない方針を示した。カナダから来日中のエア・カナダ本体でインターナシ ...
no title 002特別記事

ATR、中央アジア初導入 ウズベキスタン新興社が5機

 仏ATRは現地時間11月23日、ウズベキスタンの新興航空会社Silk AviaとATR 72-600型機の導入で基本合意(HOA)に調印したと発表した。5機を導入する。このほか近日中に同型機を中古で3機導入し、運航を開 ...
no title 000注目記事

JALはA320を導入するのか 特集・就航15周年737-800の後継機を占う

 日本航空(JAL/JL、9201)は、ヤマトホールディングス(9064)が3機リース導入するエアバスA321ceo P2F型貨物機の運航会社を、当初予定していた50%出資のジェットスター・ジャパン(JJP/GK)から、 ...
no title 000注目記事

HAC、雪ミク特別塗装機 就航25周年で2号機に描く

 北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)は11月22日、札幌市内のIT企業クリプトン・フューチャー・メディアが展開する北海道の応援キャラクター「雪ミク」とタイアップし、特別塗装機の運航などのキャンペーンを展開すると発 ...
no title 000注目記事

JALとヤマトA321P2F貨物機、カタール航空機を改修

 日本航空(JAL/JL、9201)とヤマトホールディングス(9064)が、エアバスA321ceo P2F型貨物機で2024年4月から運航する貨物便。東京(成田・羽田)-札幌(新千歳)と北九州、成田-那覇、那覇-北九州の ...
no title 002特別記事

ANA「鬼滅の刃」2機、12月に固定運航 3号機は10日から、2号機は17日から

 全日本空輸(ANA/NH)は、3機ある特別デザイン機「鬼滅の刃じぇっと」のうち2機を12月に固定スケジュールで運航する。12月10日にテレビ放映されることを記念したもので、白い3号機(ボーイング777-200ER型機、 ...
no title 000注目記事

JALとヤマトのA321貨物機、なぜスプリング・ジャパンが飛ばすのか

 日本航空(JAL/JL、9201)とヤマトホールディングス(9064)が、2024年4月から運航を開始する貨物専用機の路線や便数、運航会社を11月22日に発表した。東京(成田・羽田)-北九州間など4路線で1日21便を、 ...
no title 000注目記事

JALとヤマト、A321貨物機で東京-北九州など4路線 スプリング・ジャパン運航で24年4月

 日本航空(JAL/JL、9201)とヤマトホールディングス(9064)は11月22日、2024年4月から運航を開始する貨物専用機について、運航路線と便数を決定したと発表した。東京(成田・羽田)-北九州間など4路線で1日 ...