ボーイング

no title アラスカ航空(AS/ASA)

アラスカ航空、737 MAX 9とE175を30機発注

アラスカ航空は、メインラインとリージョナル路線用の機材30機を追加発注した。 発注したのは、エンブラエル175型機を17機と、ボーイング737 MAX 9を13機。エンブラエル175型機は2022年から23年にかけて導入 投稿 アラスカ航空、737 MAX 9とE175を30機発注 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。...
no title 000注目記事

787、JALへ50機目 737MAX、納入中断で4機のみ ボーイング4月

 ボーイングの2021年4月の引き渡しは17機で、6機だった前年同月を大きく上回った。このうち737 MAXの納入は、引き渡しを一時中断したことにより4機にとどまった。受注は25機(前年同月はゼロ)となった。一方、競合の ...
no title 000注目記事

シンガポール航空、ロサンゼルス6月再開 成田経由で週5往復

 シンガポール航空(SIA/SQ)は5月12日、成田経由のシンガポール-ロサンゼルス線を現地時間6月16日に再開すると発表した。週5往復をボーイング777-300ER型機で運航する。旅客のほか、貨物便としての利用増加も見 ...
no title 002特別記事

五輪旗運んだANAの777、早期退役し米国へ 事業改革で売却

 5年前の2016年8月に東京オリンピック・パラリンピック開催に向けてオリンピック旗(五輪旗)を日本へ運んだ全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777-300ER型機(登録記号JA781A)が5月11日、羽田空港から売 ...
no title 002特別記事

ANA、退役デカール貼った737-700運航開始 リボンはゴールド

 退役記念デカールを機首付近に貼った全日本空輸(ANA/NH)のボーイング737-700型機が、5月11日から運航を開始した。6月に全機が退役することを記念したもので、現在残っている2機(登録記号JA05AN、JA06A ...
no title 000注目記事

印ビスタラ、羽田6月就航へ デリーから週1往復、787-9で

 インドの新興航空会社ビスタラ(VSS/UK)は現地時間6月16日に、デリー-羽田線の直行便を開設する。ボーイング787-9型機を投入し、週1往復運航する。同社が日本に乗り入れるのは初めて。 —記事の概要&# ...
no title 000注目記事

ANA、737-700に退役記念デカール貼付 最後の2機に

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)は5月10日夜、6月に全機退役するボーイング737-700型機に退役記念デカールを貼り付ける作業を羽田空港の格納庫で報道関係者に公開した。現在残っている2機(登録記号JA0 ...
no title 000注目記事

JAL、A350-1000は計画通り23年度就航 ZIPAIRも新造機受領へ

 日本航空(JAL/JL、9201)は5月7日、長距離国際線の次世代機エアバスA350-1000型機を計画通り2023年度に就航させると発表した。現行のボーイング777-300ER型機の後継機で、欧米路線に投入する。IA ...
no title 001並び記事

ボーイング、最終赤字も損失縮小 納入は9四半期ぶり前年超え、21年1-3月期

 ボーイングの2021年1-3月期(第1四半期)決算は、純損益が5億6100万ドル(約613億7900万円)の赤字(前年同期は6億4100万ドルの赤字)だった。売上高は10%減の152億1700万ドル、営業損益は8300 ...
no title 000注目記事

シンガポール航空、A350と787元手に1637億円調達 セール&リースバックで

 シンガポール航空(SIA/SQ)は、エアバスA350-900型機とボーイング787-10型機をセール・アンド・リースバックする形で、総額約20億シンガポールドル(約1637億円)を調達したと現地時間5月3日に発表した。 ...
no title COOPESA

ボーイング737-800BCFへの改修ライン新設 コスタリカのMRO企業が2022年に

ボーイングは、ボーイング737-800BCFへの改修ラインを、コスタリカでMROを手掛けるCOOPESAが2022年に開設すると発表した。 BCFは、「ボーイング・コンバーテッド・フレーター」の略で、旅客機から貨物機に改 投稿 ボーイング737-800BCFへの改修ライン新設 コスタリカのMRO企業が2022年に は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。...
no title 002特別記事

ボーイング、737BCFの改修事業拡大 コスタリカに新施設

 ボーイングは現地時間5月5日、737-800を改修して貨物機に転用する737-800BCFを増産するため、コスタリカに改修施設を2022年に開設すると発表した。地元のMRO(整備・修理・分解点検)事業者であるCOOPE ...
no title 000注目記事

就航9年で50機超 特集・JAL 787客室の変遷

 日本航空(JAL/JL、9201)が運航するボーイング787型機が50機を超えた。2012年の就航から9年、まだ787が「7E7」と呼ばれていた2004年の発注から数えると17年が過ぎた。就航当初は国際線のみに投入して ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ、A350-900と787-9追加発注 787は未納入機買い付け

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)を中核とするルフトハンザグループは現地時間5月3日、エアバスA350-900型機とボーイング787-9型機を5機ずつ計10機追加発注すると発表した。長距離国際線用機材で、787- ...
no title 000注目記事

プレエコなくした国際線中型機 写真特集・JAL 11代目CA新制服と主要機材(3)787-8 E12編

 客室乗務員など運航に携わる日本航空(JAL/JL、9201)の社員が、2020年4月から新制服を着用して1年が過ぎた。同年夏に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックを視野に入れ、2013年6月以来のリニューアル ...
no title 000注目記事

ANA、機材を8%削減 22年度末は最大280機

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は、2022年度末の機材を最大280機とし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大前の2019年度末比で約25機(8.3%) ...
no title 002特別記事

[雑誌]「ITM 大阪伊丹空港 / 今こそ乗る、知る777と767」月刊エアライン 21年6月号

 月刊エアライン(イカロス出版)2021年6月号が4月30日発売。1430円(税込)。 ◆第1特集「ITM 大阪伊丹空港」  大阪から日本各地へ、また各地から大阪へと結ぶ豊富なトラフィックは、大型機から小型機まで運航機材 ...
no title 000注目記事

ボーイング、787の在庫100機 年内納入目指す

 ボーイングは、3月に引き渡しを再開した787型機について、約100機の在庫があることを明らかにした。デビッド・カルフーン社長兼CEO(最高経営責任者)は現地時間4月28日に、「在庫となっている787の大部分は、年内に納 ...
no title 000注目記事

737MAX、再び納入中断 400機が滞留

 ボーイングのデビッド・カルフーン社長兼CEO(最高経営責任者)は、737 MAXの引き渡しを一時中断したことを明らかにした。コックピットで電気系統の不具合が見つかったためで、納入済みの機体では約100機が影響を受けると ...
no title ボーイング

ボーイング737 MAX、納入を一時停止

ボーイングは4月28日、2021年第1四半期決算後のアナリスト向け電話会議で、ボーイング737 MAXの納入を一時停止していることを明らかにした。 ボーイング737 MAXは、16社が運航する約100機で操縦室の電気系統 投稿 ボーイング737 MAX、納入を一時停止 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。...