ボーイング

no title 000注目記事

タイ国際航空、羽田-バンコク22年1月再開 787で週3往復

 タイ国際航空(THA/TG)は、運休中のバンコク(スワンナプーム)-羽田線を現地時間2022年1月1日から再開する。羽田発は翌2日からで、週3往復運航する。  運航日はバンコク発が火曜と木曜、土曜で、羽田発は翌日。運航 ...
no title 000注目記事

ベトナム航空、成田発増便11月に後ろ倒し 関空発はエコノミー設定なし

 ベトナム航空(HVN/VN)は、9月21日から開始した日本発のベトナム2都市行き片道便について、成田線の増便と関西線の運航開始を11月中旬に後ろ倒しする。2空港からホーチミンとハノイ行きを運航するもので、日本を含む外国 ...
no title 000注目記事

ANA、ヤフオクでファーストクラスのシート入札開始

 ヤフーが運営するオークションサイト「ヤフオク!」で9月21日午前10時、全日本空輸(ANA/NH)の国際線ファーストクラスシートの入札が始まった。ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の全日空商事が出品した ...
no title 001並び記事

ボーイング、無人機MQ-25の新工場建設 24年完成

 ボーイングは現地時間9月17日、無人空中給油機MQ-25「スティングレイ」の量産に向けて、米イリノイ州のミッドアメリカ・セントルイス空港内に新工場を建設すると発表した。2024年に完成予定で、米海軍が70機以上調達する ...
no title 000注目記事

ANA、ヤフオクにファーストクラスのシート出品 21日から入札受付

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の全日空商事は9月17日、ヤフーが運営するオークションサイト「ヤフオク!」に出品するファーストクラスのモックアップ(模型)シートや実機で使用していたウインドウフレームを ...
no title 000注目記事

ボーイング、2040年までに新造機需要4.3万機 20年予測

 ボーイングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた民間航空市場が回復傾向にあり、長距離国際線は2024年までにコロナ前の水準に戻るとの市場予測を発表した。今年から2040年までの20年間で、民間機 ...
no title ボーイング

ボーイング、需要予想を引き上げ 20年間で43,500機以上の新造機需要

ボーイングは、商業、防衛、サービスの3分野で、今後10年間で9兆米ドルの市場規模を予測している。「ボーイング・マーケット・アウトルック」で明らかにした。 民間航空機が回復の兆しをみせているほか、防衛・宇宙・政府サービスの 投稿 ボーイング、需要予想を引き上げ 20年間で43,500機以上の新造機需要 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。...
no title 000注目記事

ボーイング受注、前年6倍超 787納入ゼロ続く、8月実績

 ボーイングの2021年8月の引き渡しは22機(前年同月13機)だった。受注は53機で、8機だった前年同月を6倍以上上回った。納入・受注とも単通路機の737 MAXが多くを占めた一方、製造時の不具合が生じている主力の78 ...
no title 000注目記事

無人機MQ-25、米海軍F-35Cに空中給油成功

 ボーイングは現地時間9月14日、無人空中給油機MQ-25「スティングレイ」のT1試作機(N234MQ)が米海軍の戦闘機F-35C「ライトニングII」への初の空中給油を成功させたと発表した。  今回の空中給油は、T1試作 ...
no title 002特別記事

JAL A350の10号機やANA A321neo新規登録 国交省の航空機登録21年8月分

 国土交通省航空局(JCAB)によると、2021年8月の航空機登録は、予約登録受付が4機、新規登録が12機、移転登録が36機、変更登録が5機、抹消登録が6機で、予約登録取り下げはなかった。  新規登録では、全日本空輸(A ...
no title 000注目記事

ANA、ヤフオクで機体部品販売 実使用品など一点もの競売、第1弾は777シート模型

 全日本空輸(ANA/NH)を中核としたANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の全日空商事は9月14日、機体部品やグッズなどを販売する「SorANAka(ソラナカ)」を、ヤフーが運営するオークションサイト「ヤ ...
no title 000注目記事

ベトナム航空、成田・関空からベトナム行き片道便 3月まで4路線

 ベトナム航空(HVN/VN)は9月21日から、日本発のベトナム2都市行き片道便の運航を開始する。日本を含む外国籍の人向けに運航し、ベトナム人は原則利用できない。夏ダイヤ最終日の10月30日までは成田発のホーチミンとハノ ...
no title ボーイング

ライアンエアー、ボーイング737 MAX 10の発注交渉打ち切り

ライアンエアーは、ボーイング737 MAX 10の発注に向けたボーイングとの交渉を終了したと明らかにした。 ライアンエアーは、ボーイング737-8200型機を210機発注しており、2021年から25年にかけて導入する。今 投稿 ライアンエアー、ボーイング737 MAX 10の発注交渉打ち切り は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。...
no title 000注目記事

ライアンエア、737MAX10交渉不成立 ボーイングと価格に開き

 欧州LCC最大手のライアンエア(RYR/FR)は、ボーイング737 MAXのうち胴体長が最長となる737 MAX 10の導入について、製造元のボーイングとの交渉が合意に至らず終了したと現地時間9月6日に発表した。両社が ...
no title グリフィン・グローバル・アセット・マネジメント

グリフィン、ボーイング737-8型機を5機発注

グリフィン・グローバル・アセット・マネジメントは、ボーイング737-8型機(ボーイング737 MAX 8)を5機発注した。 ボーイング737-8型機は、最大189席を配置できるほか、航続距離は3,550海里と、従来機より 投稿 グリフィン、ボーイング737-8型機を5機発注 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。...
no title 000注目記事

ZIPAIR、成田-シンガポール就航 初便は乗客1人、貨物は満載

 ZIPAIR(ジップエア、TZP/ZG)は9月7日、成田-シンガポール線を開設した。週1往復で火曜のみ運航する。シンガポール線は同社4路線目で、東南アジア路線としてはバンコク線に続き2路線目となる。成田発の初便には乗客 ...
no title 000注目記事

JAL、沖縄・奄美の世界遺産登録で特別塗装機 初便は奄美へ

 日本航空(JAL/JL、9201)は9月7日、鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄島北部と西表島の4地域がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界自然遺産への登録を記念した特別塗装機を就航させた。機体後部に環境省の希少動物キ ...
no title 001並び記事

737MAX、米リース会社グリフィンが5機発注

 ボーイングは現地時間9月1日、航空機リース会社グリフィン・グローバル・アセット・マネジメントが737-8(737 MAX 8)を5機発注したと発表した。今回の契約で737 MAXファミリーの今年の受注はグロスで529機 ...
no title 000注目記事

JALグループ、沖縄・奄美の世界自然遺産登録で特別塗装機 9月から

 日本航空(JAL/JL、9201)は8月31日、鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄島北部と西表島の4地域がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界自然遺産への登録が決定したことを受け、JALグループで特別塗装機を9月から運 ...
no title 000注目記事

小糸製航空機シート問題、10年で換装完了 試験結果改ざんや納入遅延

 世界の航空会社で使用されてきた小糸工業(11年にKIホールディングスへ社名変更、20年4月1日に小糸製作所に吸収合併)製の航空機用シートが7月末で取り下ろし期限を迎え、国内各社での換装作業が期日前に完了した。  201 ...