737NG

no title 002特別記事

ANAの737-700、残り1機に 6/20でJA05AN退役

 残り2機となったANAウイングス(AKX/EH)が運航するボーイング737-700型機のうち、1機(登録記号JA05AN)が6月20日の中部発羽田行きNH86便を最後に退役する。最後まで残る機体(JA06AN)は27日 ...
no title 002特別記事

JTAとRAC、全機に抗菌コーティング完了 県内8空港にも

 日本航空(JAL/JL、9201)グループの日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)と琉球エアーコミューター(RAC)は、機内への抗ウイルス・抗菌コーティングを完了した。機内のほか、就航する沖縄県内の全8空港のチェッ ...
no title 000注目記事

ANA、737-700が6/27退役 最終は岡山発羽田行き、16年で姿消す

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のANAウイングス(AKX/EH)が運航しているボーイング737-700型機が、6月27日の岡山発羽田行きNH654便を最後に退役する。2005年の就航から16年で姿を ...
no title 002特別記事

JAL、プッシュバック時間短縮でCO2削減 羽田で初導入

 日本航空(JAL/JL、9201)は6月1日、羽田空港を出発する国内線の一部で、スポット(駐機場)から航空機を牽引車で押し出す「プッシュバック」の距離を短縮する「ショートプッシュバック」を始めた。CO2(二酸化炭素)排 ...
no title 737NG

ソラシド、後継機材は当面導入せず 737-800継続、髙橋社長「しばらくは問題ない」

 ソラシドエア(SNJ/6J)の髙橋宏輔社長は5月31日、後継機材ついて当面は導入せず、保有するボーイング737-800型機を継続する意向を示した。髙橋社長は保有機材について「機齢が若い」と述べ、当面は更新の必要がないと ...
no title 001並び記事

[雑誌]「飛来機との遭遇 / ANA 737-700最終リポート」月刊エアライン 21年7月号

 月刊エアライン(イカロス出版)2021年7月号が5月28日発売。1430円(税込)。 ◆第1特集「飛来機との遭遇」  コロナ禍の2020年から21年にかけて、「飛来機」の様相が変貌している。定期旅客便が減退した一方で、 ...
no title 002特別記事

JAL、プッシュバック短縮でCO2削減 羽田で6月から

 日本航空(JAL/JL、9201)は5月28日、羽田空港を出発する国内線の一部で、スポット(駐機場)から航空機を牽引車で押し出す「プッシュバック」の距離を短縮する「ショートプッシュバック」を6月1日から始めると発表した ...
no title 002特別記事

ICAOら、ベラルーシ当局に強い非難 ライアン機強制着陸、反体制派を拘束

 現地時間5月23日に発生したベラルーシ当局によるライアンエア(RYR/FR)機の強制着陸について、各所から強い非難や懸念が出ている。国連の専門機関ICAO(国際民間航空機関)や周辺国の航空当局などがベラルーシに対し強い ...
no title 000注目記事

ANAの737-700、元ゴールドジェット2号機が売却先へ 6月で全機退役

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のANAウイングス(AKX/EH)が運航していたボーイング737-700型機の2号機(登録記号JA02AN)が5月18日午前、羽田空港から米国の売却先への経由地となるア ...
no title 000注目記事

JAL、羽田-石垣を夏休み増便 JTAが運航

 日本航空(JAL/JL、9201)を中核とするJALグループは5月17日、羽田-石垣線を夏休み期間に増便すると発表した。期間は7月16日から8月31日までで、1日2往復に増便。増便分(JL971/972)はグループの日 ...
no title 002特別記事

ANA、退役デカール貼った737-700運航開始 リボンはゴールド

 退役記念デカールを機首付近に貼った全日本空輸(ANA/NH)のボーイング737-700型機が、5月11日から運航を開始した。6月に全機が退役することを記念したもので、現在残っている2機(登録記号JA05AN、JA06A ...
no title 000注目記事

ANA、737-700に退役記念デカール貼付 最後の2機に

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)は5月10日夜、6月に全機退役するボーイング737-700型機に退役記念デカールを貼り付ける作業を羽田空港の格納庫で報道関係者に公開した。現在残っている2機(登録記号JA0 ...
no title 002特別記事

ボーイング、737BCFの改修事業拡大 コスタリカに新施設

 ボーイングは現地時間5月5日、737-800を改修して貨物機に転用する737-800BCFを増産するため、コスタリカに改修施設を2022年に開設すると発表した。地元のMRO(整備・修理・分解点検)事業者であるCOOPE ...
no title 737NG

ANA、737-700退役へ 6月に全3機、中部で記念チャーターも

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月26日、ボーイング737-700型機を6月に全機退役させると発表した。現在ある3機のうち2機に退役記念のデカールを貼付するほか、 ...
no title 002特別記事

ノルウェー空軍向けP-8A、最終組立へ 年内に初納入

 ボーイングは現地時間4月12日、ノルウェー空軍向けP-8A哨戒機「ポセイドン」の最初の胴体が、カンザス州ウィチタのスピリット・エアロシステムズから、ワシントン州レントンにあるボーイングの最終組立工場に到着したと発表した ...
no title 000注目記事

9年で退役、もう一つの“ANAビジネスジェット”737-700ER

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、日本の大手2社が感染拡大前から立ち上げていたビジネスジェット事業が堅調に規模を拡大している。このうち、ANAホールディングス(9202)傘下でビジネスジェットの手配 ...
no title 002特別記事

米海軍、P-8Aを11機追加契約 2機は豪州へ

 ボーイングは現地時間3月31日、米海軍からP-8A哨戒機「ポセイドン」を11機追加受注したと発表した。契約額は16億ドル(約1770億円)で、9機が米海軍向け、2機は豪空軍に引き渡される。今回の契約で、米海軍の契約機数 ...
no title 000注目記事

JTA、中部-宮古就航 12年ぶり新路線、宮古発初便は引き返し

 日本航空(JAL/JL、9201)グループで沖縄を拠点とする日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)は夏ダイヤ初日の3月28日、中部-宮古線を季節便で開設した。12年ぶりの新路線で、JALグループが同路線を運航するの ...
no title 000注目記事

ソラシド髙橋社長、羽田-那覇「意義ある路線」 初の幹線、効果期待

 ソラシドエア(SNJ/6J)は夏ダイヤ初日の3月28日、羽田-那覇線を開設した。1日3往復運航する。朝の羽田発初便のほか午前中には那覇発初便でも就航記念式典を開催し、同社の髙橋宏輔社長のほか来賓も出席した。  那覇発の ...
no title 000注目記事

JTA、中部-石垣9年ぶり再開 “さくらジンベエ”で初便

 日本航空(JAL/JL、9201)グループで沖縄を拠点とする日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)は夏ダイヤ初日の3月28日、中部-石垣線を9年ぶりに再開した。1日1往復で、季節便としてゴールデンウイークと夏季繁忙 ...