需要予測

no title 000注目記事

ボーイング、2040年までに新造機需要4.3万機 20年予測

 ボーイングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた民間航空市場が回復傾向にあり、長距離国際線は2024年までにコロナ前の水準に戻るとの市場予測を発表した。今年から2040年までの20年間で、民間機 ...
no title 航空会社

ボーイング社、旅客機需要が今後10年間で350兆円に、2024年までの長距離国際線の旅客需要回復を予測

ボーイングは国際長距離路線の旅客需要は2023年から2024年にかけてコロナ前の水準に回復すると見込み、そのうえで2030年までの10年間の新造旅客機の需要は3.2兆ドル(約352兆円)に達すると予測した。...
no title サステナブル

観光復活へ注目すべきは「富裕層ファミリー」、未来の旅行市場で欠かせない8つの視点、世界の旅行者の変化とトレンドを整理した

市場調査会社ユーロモニターインターナショナルが、旅行業の回復に必要な要件などを分析。8つのポイントをレポートとしてまとめた。...
no title 調査

英国で海外旅行ブームが起きるか? 2022年に本格回復の予測、国内旅行の高騰とワクチン接種の加速で

グローバルデータ社が、英国の旅行市場を予測。国内旅行の価格高騰が続いているため、2022年には国内旅行を避ける旅行者が海外旅行に移行か。ワクチン接種が進むことで、国内旅行のメリットが薄れると分析。...
no title フォーカスライト

中国の旅行市場、今年中に2019年レベルに回復か、航空・宿泊・鉄道・レンタカーの需要見込みを分析した【外電】

米旅行調査のフォーカスライトが発表した旅行調査レポート「中国の旅行マーケット2020~2024年」を解説。2020年は前年比53%減となったが、今年は2019年レベルに回復するとの見方も。...
no title AP通信

新たな出張旅行のカタチは生まれるか? バーチャル会議の普及で入り交じる、米国での楽観論と悲観論 【外電】

AP通信は、米国の今後の出張需要についてリポート。米国旅行業協会は2019年レベルに戻るのは2024年頃と予測。一方で、新しい形の出張需要が出てくる可能性も。...
no title 002特別記事

中部空港、お盆の国際線1400人 19年比99.3%減

 中部国際空港会社は7月29日、中部空港(セントレア)のお盆期間の国際線予約状況を発表した。出入国を合計した予約数は1400人で、新型コロナウイルス以前の2019年と比較すると99.3%減となる。対象期間は8月6日から1 ...
no title 000注目記事

お盆の国内線、予約率5割 大きく前年越えも“コロナ慣れ”影響か

 全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)、スカイマーク(SKY/BC)など航空10社は7月29日、お盆期間の予約状況を発表した。対象期間は8月6日から15日までの10日間。新型コロナウイルス感染症 ...
no title フォーカスライト

ニューノーマル型の旅行マーケティングとは? 旅行を再開する旅行者の獲得からリピート化まで、仕掛けを考えた【外電】

パンデミック後のニューノーマル型マーケティングでは、旅行者の獲得、様々な体験、ロイヤルティ戦略はどう進めていくべきか? 米ニュースメディア「フォーカスワイヤ」の記事を紹介。...
no title Google

グーグル、検索データから旅行需要を分析するサービス開始、旅行業・DMO・宿泊施設など観光事業者向けに

グーグルは、日本を含むアジア太平洋とヨーロッパで、各地域に特化した「Travel Insights with Google」の提供も始めるとともに、米国でも本格的に開始。世界のグーグル検索からのデータをもとに、リアルタイムの旅行需要を提供。...
no title SDGs

フランスの観光再開への打ち手を聞いてきた、ホテル格付けの見直しや地方の観光デジタル化を支援、サステナブル観光も

ワクチン接種の進捗に合わせて、「少し先に光が見えてきた」と話すフランス観光開発機構(アトゥー・フランス)在日代表のフレデリック・マゼンク氏に、日本市場の回復の見通し、今後の活動について聞いてみた。...
no title AP通信

米国で注目される「セカンドシティ(2番目の街)」とは? 大都市を避ける理由と旅先選びの変化をまとめた【外電】

デスティネーションとして「セカンドシティ」が注目される理由とは? AP通信が、その理由と米国内でおすすめのシティなどまとめた。...
no title PR

間違いだらけの富裕層戦略 ―考え方の基礎から打ち手まで― トラベルボイスLIVE【7/14開催】(PR)

【受付中】トラベルボイスが2021年7月14日、ライブイベント「間違いだらけの富裕層戦略」を開催。今まで語られてきていない富裕層の実態や、取るべき戦略をテーマにトークを展開する。...
no title フォーカスライト

日本の旅行市場回復を米調査会社が分析、2023年にはパンデミック前の水準に、オンライン予約は2019年超えの予測【外電】

米旅行調査フォーカスライトが日本市場を対象とする調査レポートを発表。「3つのカギ」と2つの重要な動向を分析。...
no title 出入国管理

ドイツ観光局、日本市場の本格回復は2023年からと予測、サステナブル旅行への関心高まりで「自然」をテーマにアピールへ

ドイツは2021年6月6 日から日本人渡航者に対する入国制限を解除。ドイツ観光局アジア地区統括局長・日本支局長の西山晃氏は、需要回復は日本側に課題との認識を示す。観光局は、2023年から本格的に回復すると見立て。...
no title LCC

アイスランドのスタートアップLCC「PLAY」、旅行規制が緩和される欧州で最高のタイミングで就航、LCCは最適な交通手段に

アイスランドのスタートアップLCC「PLAY」が2021年6月から運航を開始。データ分析のグローバルデータは、PLAYについて「最高のタイミングで運航を開始する」と評価、パンデミックによって経済的な打撃を受けた旅行者にとって、LCCは最適な交通手段になると分析。...
no title 新型コロナウイルス

国内インバウンド手配会社、9割以上が人員削減で壊滅寸前、コロナ後の担い手不足が深刻に ―JIMC調査

日本インバウンド・メディア・コンソーシアムの調査で、国内ランドオペレーターの危機的状況が明らかに。将来的に担い手不足により、市場の回復の波に乗れない可能性も。...
no title OTOA

海外旅行市場の復活に向けて、旅行業界は人手不足や流通の変化に対応を、日本海外ツアーオペレーター協会が提言

日本海外ツアーオペレーター協会が海外旅行市場復活の見通しと需要回復に向けた課題を言及。コロナ後の担い手不足も深刻化しており、国内、海外、訪日が進むべき道を一つにまとめることが不可欠と指摘。...
no title M&A

パンデミック下でも買収されるタビナカ企業とは? 成功するスタートアップの共通点を分析した【外電】

現地体験ツアーなど、タビナカ事業を手掛ける企業の吸収合併などが進んでいる。米・観光専門メディアのスキフトが、各企業の共通点などを分析した。...
no title データ

世界の航空需要の回復は2024年夏か、航空データ分析のシリウムが予測、レジャー需要の回復に向けてLCCに注目集まる

航空データ分析を提供しているシリウムが、最新の航空データから世界の旅客数が2019年レベルに回復するのは2024年以降と予測。日本の国内線は、しばらく低調な傾向が続き、航空会社の統合がさらに進む可能性。...