需要

no title 002特別記事

ソラシドエア、定時性首位 各社改善続く 国交省21年1-3月期情報公開

 国土交通省航空局(JCAB)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC 3社など、特定本邦航空運送事業者10社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2021年1-3月期分を公表した ...
no title 002特別記事

国内旅客、4.34倍260万人 19年比71.1%減 5月の航空輸送統計

 国土交通省の航空輸送統計速報2021年5月分によると、国内線の旅客数は人ベースで前年同月比4.34倍(19年同月比71.1%減)の260万7336人、ロードファクター(座席利用率、L/F)は15.5ポイント上昇し41. ...
no title 002特別記事

スカイマーク定時性4年連続1位 国交省20年度情報公開

 国土交通省航空局(JCAB)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、2020年9月が最終運航となったエアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)を含むLCC 4社など、特定本邦航空運送事業者11社に ...
no title 002特別記事

成田空港、旅客2.1倍29万人 19年比92%減、6月

 成田国際空港会社(NAA)が発表した2021年6月の運用状況速報値によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年同月比2.10倍の29万9234人だった。3カ月連続で前年を上回ったものの、新型コロナウイルス感染症(C ...
no title 002特別記事

JAL、6月の国内線利用率37.4% 4-6月期は40.5%

 日本航空(JAL/JL、9201)の2021年6月利用実績によると、国際線の旅客数は前年同月比5.8倍の5万4984人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は8.9倍の17億2159万6000座席キロ、有償旅客を運ん ...
no title 002特別記事

JTA、6月旅客10.3%減6.7万人 利用率29.2%

 日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)と琉球エアーコミューター(RAC)、日本航空(JAL/JL、9201)沖縄支店、日本エアコミューター(JAC/JC)による、2021年6月の輸送実績速報値によると、JTAの旅客 ...
no title 002特別記事

成田空港の国際線旅客数、過去最低 貨物便は2期連続で過去最高、21年上期

 成田国際空港会社(NAA)が7月29日に発表した2021年上期(1-6月)の運用状況速報値によると、国際線と国内線を合わせた航空旅客数は、前年同期比79%減の173万7225人となった。新型コロナウイルス感染症(COV ...
no title 002特別記事

中部空港、お盆の国際線1400人 19年比99.3%減

 中部国際空港会社は7月29日、中部空港(セントレア)のお盆期間の国際線予約状況を発表した。出入国を合計した予約数は1400人で、新型コロナウイルス以前の2019年と比較すると99.3%減となる。対象期間は8月6日から1 ...
no title 000注目記事

お盆の国内線、予約率5割 大きく前年越えも“コロナ慣れ”影響か

 全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)、スカイマーク(SKY/BC)など航空10社は7月29日、お盆期間の予約状況を発表した。対象期間は8月6日から15日までの10日間。新型コロナウイルス感染症 ...
no title 000注目記事

ボーイング、黒字転換7四半期ぶり 旅客機納入上向き、21年4-6月期

 ボーイングの2021年4-6月期(第2四半期)決算は、純損益が5億6700万ドル(約622億5600万円)の黒字(前年同期は23億9500万ドルの赤字)で、2019年7-9月期以来7四半期ぶりの黒字転換となった。新型コ ...
no title 002特別記事

スターフライヤー、国内線利用率42.0% 21年6月

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2021年6月利用実績は、国内線の旅客数が前年同月比8.4%増の3万5422人、提供座席数は27.1%増の8万6226席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は6.5ポイン ...
no title 002特別記事

中部空港、6月の旅客数51%増13万人 国際線2700人

 中部空港(セントレア)の2021年6月実績の速報値によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年同月比51%増の13万4575人で、3カ月連続で前年同月を上回った。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)前の20 ...
no title 002特別記事

エンブラエル、民間機納入14機 受注残は306機、21年4-6月期

 エンブラエルが2021年4-6月期(第2四半期)に引き渡した機体は、民間機が14機(前年同期比10機増)だった。ビジネスジェット機20機(7機増)を含めると34機(17機増)となった。  民間機の内訳は、E175が7機 ...
no title 002特別記事

関空、6月の旅客72%増14万人 19年比95%減

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港を運営する関西エアポートグループの2021年6月利用実績(速報値)によると、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は、前年同月比72%増の14万411人だった。新型コロナ ...
no title 002特別記事

6月の訪日客、4カ月ぶり1万人割れ 前年比3.6倍、19年比99.7%減

 日本政府観光局(JNTO)の訪日外客数推計値によると、2021年6月の訪日客数は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行前となる2019年同月比99.7%減の9300人で、4カ月ぶりに1万人を割り込んだ。20 ...
no title 001並び記事

5月の国内線、3カ月ぶり300万人割れ 国交省月例経済

 国土交通省の「国土交通月例経済」6月号によると、5月の国際線旅客数の速報値は9万人(前年同月比2.75倍)で、2カ月連続で前年を上回ったものの、大幅な例年割れが続いている。  一方、国内線は244万7000人(4.38 ...
no title 001並び記事

737MAX、ユナイテッド航空から200機受注 ボーイング6月実績

 ボーイングの2021年6月の引き渡しは45機で、10機だった前年同月を4倍以上上回った。受注は219機で、1機だった前年同月を大きく上回った。一方、競合のエアバスは6月に77機(前年同月36機)を引き渡し、73機(ゼロ ...
no title 002特別記事

納入79機、2四半期連続前年超え 受注は30倍超、ボーイング4-6月期

 ボーイングの2021年4-6月期(第2四半期)の民間機引き渡しは、前年同期比59機(3.95倍)増の79機で、2四半期連続で前年同期を上回った。受注は307機(31.70倍)増の317機で、3四半期連続で前年同期を上回 ...
no title 001並び記事

スカイマーク、6月搭乗率49.5% 羽田発着は56.3%

 スカイマーク(SKY/BC)の2021年6月利用実績は、搭乗率が49.5%で前年同月を0.7ポイント上回った。5月の43.2%と比べると6.3ポイント改善した。  旅客数は前年同月比55.1%増の25万294人で、提供 ...
no title エアライン

スカイマーク、5月搭乗率43.2% 羽田発着は50.4%

 スカイマーク(SKY/BC)の2021年5月利用実績は、搭乗率が43.2%で前年同月を14.5ポイント上回った。4月の42.2%と比べると1.0ポイント改善した。  旅客数は前年同月比6.9倍の24万2576人で、提供 ...