需要

no title 002特別記事

羽田空港2020年旅客、64.3%減3105万人 国際線は82.8%減321万人

 羽田空港の国内線ターミナルなどを運営する日本空港ビルデング(9706)と、国際線ターミナルを手掛ける東京国際空港ターミナル(TIAT)によると、2020年暦年(1-12月)の国内線と国際線を合わせた総旅客数は、前年比6 ...
no title 002特別記事

国内旅客、54.5%減390万人 国際94.3%減11万人 20年12月の航空輸送統計

 国土交通省の航空輸送統計速報2020年12月分によると、国内線の旅客数は人ベースで前年同月比54.5%減の390万8473人、ロードファクター(座席利用率、L/F)は26.4ポイント低下し43.0%、国際線は94.3% ...
no title 002特別記事

JTA、1月利用率25.7% 旅客数71.4%減

 日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)と琉球エアーコミューター(RAC)、日本航空(JAL/JL、9201)沖縄支店による、2021年1月の輸送実績速報値によると、JTAの旅客数は7万2713人(前年同月比71.4 ...
no title 002特別記事

JAL、1月の国内線利用率31.1% 国際線は18.4%

 日本航空(JAL/JL、9201)の2021年1月利用実績によると、国際線の旅客数は前年同月と比べ94.6%減の4万3866人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は68.1%減の14億9892万7000座席キロ、有 ...
no title 002特別記事

成田空港、1月の旅客数93%減27万人 国際線は13万人

 成田国際空港会社(NAA)が2月26日に発表した2021年1月の運用状況速報値によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年同月比93%減の27万1286人となり、12カ月(1年)連続で前年を割り込んだ。総発着回数は ...
no title 000注目記事

新型コロナで退役機年5%以上に ボーイング予測、貨物堅調も777BCF計画なし

 ボーイングは2月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による世界的な航空需要減少に伴い、1年間に退役する航空機数の割合が通常の年3%程度から5%以上に上昇するとの見通しを明らかにした。世界の航空需要 ...
no title 002特別記事

スターフライヤー、国内線利用率30.4% 21年1月

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2021年1月利用実績は、国内線の旅客数が前年同月比77.5%減の2万9881人、提供座席数は46.0%減の9万9898席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は41.5ポ ...
no title 002特別記事

関空、総旅客95%減 国内線79%減11万人、21年1月

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)を運営する関西エアポートと、神戸空港を運営する関西エアポート神戸の2021年1月利用実績(速報値)によると、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は、前年同月比95%減の14万23 ...
no title 001並び記事

中部空港、旅客数88%減 国際線3400人、21年1月

 中部空港(セントレア)の2021年1月実績の速報値によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は13万797人(前年同月比88%減)で、12カ月(1年)連続で前年同月を下回った。  旅客数の内訳は、国際線が3400人(9 ...
no title 002特別記事

ホンダジェット、4年連続で世界最多納入 20年通期

 本田技研工業(7267)の米国子会社ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は現地時間2月24日(日本時間25日)、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の2020年通期(1-12月期)の引き ...
no title 002特別記事

スカイマーク、1月搭乗率39.5% 羽田便は43.4%

 スカイマーク(SKY/BC)の2021年1月利用実績は、搭乗率が39.5%で前年同月を38.4ポイント下回った。12月の43.5%からは4.0ポイント落ち込んだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が続い ...
no title 002特別記事

12月の国際線、9カ月ぶり10万人超え 国交省月例経済

 国土交通省の「国土交通月例経済」1月号によると、2020年12月の国際線旅客数の速報値は10万8000人(前年同月比93.3%減)で、11カ月連続で前年を下回ったものの、2020年3月以来9カ月ぶりに10万人を超えた。 ...
no title 002特別記事

1月の訪日客、3カ月ぶり5万人割れ 外国人の新規入国停止で

 日本政府観光局(JNTO)の訪日外客数推計値によると、2021年1月の訪日客数は前年同月比98.3%減の4万6500人で1年4カ月連続で前年を下回り、3カ月ぶりに5万人を割り込んだ。出国した日本人は96.5%減の4万8 ...
no title 002特別記事

エンブラエル、2020年の民間機納入半減 受注残は281機

 エンブラエルが2020年通期で引き渡した機体は、エンブラエル190(E190)などの民間機は44機(前年は89機)と半減した。「フェノム」シリーズや「レガシー」シリーズなど、ビジネスジェット機86機(109機)を含める ...
no title 002特別記事

ボーイング、納入26機 21年1月、787は引き渡しゼロ続く

 ボーイングの2021年1月の引き渡しは26機(前年同月13機)で、受注は4機(ゼロ)だった。引き渡しでは納入を再開した737 MAXが多くを占めた一方、787型機は不具合が見つかったことで納入ゼロが続いている。  引き ...
no title 002特別記事

ANA、20年12月の国内線搭乗率40.2% 国際線は20.0%

 ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2020年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比94.2%減の5万830人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は72.0%減 ...
no title 000注目記事

スカイマーク、定時性2四半期ぶり首位 航空各社、改善続く 国交省20年7-9月期情報公開

 国土交通省航空局(JCAB)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC 4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2020年7-9月期分を公表した ...
no title 002特別記事

エアバス、納入21機 受注ゼロ、21年1月

 エアバスの2021年1月の引き渡しは21機(前年同月31機)だった。受注はゼロ(296機)だった。  引き渡しの内訳は、A320ファミリーが16機(前年同月26機)、A330ファミリーが1機(1機)、A350ファミリー ...
no title 002特別記事

羽田空港、20年11月利用者59.3%減307万人 国内線49.4%減303万人

 羽田空港の国内線ターミナルなどを運営する日本空港ビルデング(9706)と国際線ターミナルを手掛ける東京国際空港ターミナル(TIAT)によると、2020年11月の国内線と国際線を合わせた総旅客数は、前年同月比59.3%減 ...
no title 002特別記事

国際・国内利用率57.5% IATA、20年12月旅客実績

 IATA(国際航空運送協会)の2020年12月の世界旅客輸送実績は、国際線と国内線の合計で、有償旅客の輸送距離を示すRPK(有償旅客キロ)は前年同月比69.7%減、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は56.7%減と ...