新型コロナウイルス

no title 000注目記事

ANA、冬の一時金支給へ 3年ぶり月例賃金2カ月分

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)は10月5日、今冬の一時金を月例賃金2カ月分とする提案を労働組合に示した。冬の一時金支給は3年前の2019年以来で、コロナ前の水準となる。旅 ...
no title ホテル・旅館

全国旅行支援の開始を前に、宿泊施設に広がる期待と不安、本格回復を前にした現状と雇用の課題とは?

観光が回復基調に向かう中、宿泊事業者の実態と人手不足から生まれる不安に関するアンケート調査結果が公表された。宿泊事業者の外国人材の採用が進まない要因も。...
no title 000注目記事

JAL赤坂社長「日本人だけいない」国内線は年内回復、国際線2025年視野

 日本航空(JAL/JL、9201)の赤坂祐二社長は10月5日、国内線は年内にもコロナ前の水準に回復する可能性が見えてきた一方、国際線は中国・ロシアを除き2025年ごろになるとの見方を示した。  世界的に空港の人手不足が ...
no title 国土交通省

3年ぶりにG20観光大臣会合、日本は水際緩和措置をアピール、主要政策の指針「バリ・ガイドライン」発出へ

インドネシア・バリ島でG20観光大臣会合開催。ポストコロナの観光回復などを議論。...
no title AP通信

米CDC、コロナ関連の国別渡航情報の通知を取りやめ、3段階の旅行推奨は継続

米国疾病予防管理センター(CDC)は2022年10月3日、新型コロナウイルス関連の国別渡航情報の発出を取りやめ。今後は、新しい変異株の出現によって旅行にリスクが伴うと判断した時のみ、渡航情報を発出。...
no title 002特別記事

7月の航空需要、国内市場で回復加速 国際・国内利用率83.5%=IATA旅客実績

 IATA(国際航空運送協会)の2022年7月世界旅客輸送実績によると、国際線と国内線の合計は、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は前年同月比37.3%増(19年同月比23.6%減)、有償旅客の輸送距離を示すRPK( ...
no title 002特別記事

ANA、23年度新入社員の内定式 井上社長「令和の野武士集団に」

 10月1日に企業の採用内定解禁日を迎え、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港近くの総合訓練施設「ANA Blue Base(ABB、ANAブルーベース)」で、2023年度に入社する新入社員の内定式を1日に開いた。新型コ ...
no title 002特別記事

JAL、8月の国際線利用率72.7% 旅客数30万人超え3カ月連続

 日本航空(JAL/JL、9201)の2022年8月利用実績によると、国際線の旅客数は前年同月比4.41倍の35万3506人で、3カ月連続で30万人を突破した。座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は75.4%増の32億 ...
no title 002特別記事

スターフライヤー、8月利用率68.1% 羽田-福岡80.8%

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2022年8月利用実績は、国内線の旅客数が前年同月比74.3%増の10万2739人、提供座席数は13.2%増の15万1867席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は24. ...
no title 002特別記事

成田空港、8月旅客167万人 100万人超え4カ月連続、国際線日本人は6倍超

 成田国際空港会社(NAA)の2022年8月運用状況速報値によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年同月比2.55倍の167万7282人で、4カ月連続で100万人を突破した。新型コロナウイルス感染症(COVID-1 ...
no title AP通信

カナダ、入国時のワクチン接種要件を撤廃、10月から、機内のマスク義務やクルーズ船の乗船前検査も廃止

AP通信によると、カナダ政府は、10月1日から機内でのマスク着用義務、入国時のワクチン接種要件も撤廃する。「ArriveCAN」アプリへの情報入力やクルーズ船の乗船前検査も不要に。...
no title JNTO

日本政府観光局、インバウンド本格再開に向けて声明、プロモーションを本格再開、商談会の参加者からは歓迎の声

2022年10月11日からの訪日個人旅行の解禁、ビザ免除の再開、1日の入国者数上限の撤廃を正式発表を受けて、日本政府観光局(JNTO)の清野智理事長がコメント。「VISIT JAPAN トラベル&MICEマート」参加バイヤーからも歓迎の声。...
no title 002特別記事

中部空港、国内線2年7カ月ぶり50万人超え 国際線は4万人超=8月実績

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社の2022年8月実績の速報値によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は2.15倍の57万3552人だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)前の2019年同月 ...
no title キャンペーン

観光庁、「全国旅行支援」開始にあわせて平日旅行の促進キャンペーン、旅行商品の情報発信も

全国旅行支援にあわせ、平日旅行の促進キャンペーンも開始。需要喚起と需要の分散の機会ととらえ、官民が連携。...
no title キャンペーン

全国旅行支援、実施期間は12月下旬まで、県民割は10月10日宿泊分まで延長

観光庁が全国旅行支援の実施期間を発表。県民割の延長も。...
no title 002特別記事

ANAとJAL、国際線予約が増加傾向 入国上限撤廃や個人旅行解禁

 全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は、国際線の予約動向を発表した。9月7日から3回目のワクチン接種を済ませていれば、日本へ入国時にPCR検査の陰性証明書の提出が不要になり、10月11日からは ...
no title 000注目記事

コロナ水際対策、10/11から追加緩和 新GoTo「全国旅行割」も

 岸田文雄首相は現地時間9月22日(日本時間同日夜)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の水際対策を10月11日から緩和し、1日あたりの入国者数の上限を撤廃すると発表した。個人旅行の解禁と短期訪日時のビザ免除も ...
no title 新型コロナウイルス

全国旅行支援の開始は10月11日から、首相が明言、1人1泊最大1万1000円の補助、水際対策の緩和とあわせて

岸田首相が全国旅行支援の開始を明言。2022年10月11日から「イベント割」とあわせて実施する。首相「コロナ禍で苦しんできた宿泊業、旅行業、エンタメ業などを支援したい」。...
no title キャンペーン

岸田首相、訪日ビザと入国者数上限の撤廃を正式表明、インバウンド個人旅行を本格解禁、10月11日から

2年半に及ぶ旅行市場の「コロナ禍明け」になるか。10月11日から、入国者数の上限撤廃と個人旅行・ビザなし渡航が解禁。全国旅行支援も開始で、国内・訪日の本格回復に期待。...
no title 002特別記事

関空、国際線旅客10万人超え2カ月連続 総旅客2倍71万人=8月実績

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港を運営する関西エアポートグループの2022年8月利用実績(速報値)によると、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は、前年同月比2.01倍の71万4267人だった。新型コ ...