全日空

no title 002特別記事

【4K動画】ANA A380 3号機JA383A 整備フライト 成田離陸

 全日本空輸(ANA)が5月14日、エアバスA380型機「フライングホヌ」の3号機(JA383A)の整備フライトを3カ月ぶりに実施。成田発着のNH9421便としてA滑走路(RWY34L)を午後1時18分に離陸する際の4K ...
no title 000注目記事

ANA、退役「スーパードルフィン」で空のお仕事体験 羽田で航空教室ツアー

 全日本空輸(ANA/NH)は5月14日、退役したボーイング737-500型機「スーパードルフィン」を転用した整備訓練専用機(登録記号JA301K)を使ったツアーを羽田空港の格納庫で初開催した。  ツアーは当初3月に開催 ...
no title 000注目記事

ANAのA380、オレンジ3号機が整備フライト 成田空港を1周

 全日本空輸(ANA/NH)は5月14日、エアバスA380型機「フライングホヌ」の3号機(登録記号JA383A)の整備フライトを3カ月ぶりに実施した。駐機期間が一定の日数を超えた場合、整備作業内容が拡大することを回避する ...
no title 002特別記事

3月の定時到着率、日本勢が首位逃す グローバル1位はアズール、英Cirium調査

 英国のデータ分析会社「シリウム(Cirium)」が公表した、2022年3月の航空会社別の定時到着率によると、運航規模の大きな航空会社を示す「グローバル(全世界)」部門の首位はアズール・ブラジル航空(AZU/AD)だった ...
no title 002特別記事

ANA、キッザニア福岡にパビリオン出展 子供向けパイロット・CA仕事体験

 全日本空輸(ANA/NH)は、7月31日にオープンする子供向け仕事体験施設「キッザニア福岡」(福岡・博多区)へ飛行機パビリオンを出展する。キッザニア東京(江東区豊洲)と、キッザニア甲子園(兵庫・西宮)に続く出展で、子供 ...
no title 001並び記事

ANA、3月国際線10万人超え24カ月ぶり 搭乗率42.4%

 ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2022年3月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比3.67倍の12万4111人で、2020年3月以来24カ月(2年)ぶりに10万人を ...
no title 001並び記事

ANA、21年度の国内線利用率47.4% 国際線は27.0%

 ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)発表した2021年度通期利用実績の利用実績によると、国際線は旅客数が前年度比93.2%増の82万5524人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は41 ...
no title 000注目記事

ANA、羽田-ロンドン6月再開 週3往復で

 全日本空輸(ANA/NH)は5月10日、羽田-ロンドン線を6月1日から週3往復で再開すると発表した。国際線の運航率は5月がコロナ前の26%、6月は28%となる。ANAによると、日本を含む各国の出入国規制などが緩和され、 ...
no title 000注目記事

GWハワイ好調、一部便満席も 国内線、3年ぶり“行動制限なし”で各社回復

 全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)、スカイマーク(SKY/BC)など航空10社は5月10日、ゴールデンウイークの利用実績を発表した。対象期間は4月29日から5月8日までの10日間。国際線はハ ...
no title 000注目記事

ANA、成田-ホノルル7/1再開 A380で週2往復、羽田も増便

 全日本空輸(ANA/NH)は5月10日、成田-ホノルル線を7月1日に再開すると正式発表した。再開後は週2往復で、総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を投入する。運航中の ...
no title 001並び記事

ANA国内線、6月運航率92% 羽田幹線、那覇のみ減便

 全日本空輸(ANA/NH)は5月10日、6月の国内線を減便すると発表した。1日から30日まで、23路線977便が対象となる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に伴う需要動向によるもので、6月の運航率は9 ...
no title 000注目記事

エア・ドゥ、福岡7月就航 初の九州定期便、10月まで

 札幌に本社を置くエア・ドゥ(ADO/HD)は5月9日、札幌(新千歳)-福岡線を7月1日に就航すると発表した。10月2日までの期間限定で、1日1往復運航する。同社が九州へ定期便を就航させるのは初めて。  運航スケジュール ...
no title 000注目記事

777Xや787納入遅延、芝田ANAHD社長「バッファー持たせている」特集・コロナ回復期のANA機材戦略

 ボーイングが、開発中の次世代大型機777Xの引き渡し開始を2年遅らせ、2025年に初号機を納入すると発表した。国内では全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)が長距離国際線機 ...
no title 000注目記事

ANA、ホノルル行き2年ぶり“ほぼ満席” 段階的に増便、7月から「毎日ハワイ」に

 ゴールデンウイーク初日の4月29日夜、全日本空輸(ANA/NH)のホノルル線が満席に近い状態で羽田空港を出発した。ホノルル線がほぼ満席になるのは2020年2月以来2年ぶり。 —記事の概要— ・G ...
no title 000注目記事

ANA、A380を7月から定期便再投入 ホノルル週2往復

 全日本空輸(ANA/NH)の井上慎一社長は4月29日、成田-ホノルル線を7月に再開する意向を示した。週2往復で再開し、総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を投入する。ゴ ...
no title 002特別記事

ANA、羽田保安検査場が2年ぶりフル稼働 2タミ南北で混雑差

 全日本空輸(ANA/NH)は4月29日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で閉鎖していた羽田空港第2ターミナル南側の保安検査場Dを約2年ぶりにオープンさせた。ゴールデンウイーク初日の29日は羽田出発便の ...
no title 000注目記事

羽田発国内線、GW初日予約率95%超 ANA・JALともコロナ前並み

 ゴールデンウイーク初日の4月29日、羽田空港は国内線で全国各地へ向かう人たちで混雑している。日本航空(JAL/JL、9201)によると、29日に羽田を同社便で出発する人は約4.5万人、到着が約2.6万人で、全日本空輸( ...
no title 000注目記事

ANA、23年3月期は黒字転換へ 芝田HD社長「着実に回復の兆し」

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月28日、2022年3月期通期(日本基準)の連結最終損益は1436億2800万円の赤字(21年3月期は4046億2400万円の赤字 ...
no title 000注目記事

777X、初納入2025年に 2年延期で生産一時中断

 ボーイングは現地時間4月27日、開発中の次世代大型機777Xの引き渡し開始を2年遅らせ、2025年に初号機を納入すると発表した。国が安全性を認める「型式証明(TC)」を取得するために時間が必要との見方を示し、生産も一時 ...
no title 000注目記事

ANA、フランクフルト行き直行便に 5/11から北回り、3時間短縮

 全日本空輸(ANA/NH)は4月26日、ウィーン経由で運航中の羽田発フランクフルト行きについて、5月11日から直行便に戻すと発表した。飛行ルートはアラスカなどを飛びロシア領空を迂回(うかい)する「北回り」で運航する。直 ...