伊丹空港

no title 000注目記事

シンガポール航空、大阪就航50周年 展示ホールで記念イベント

 シンガポール航空(SIA/SQ)は、8月に大阪就航50周年を迎えた。現在乗り入れてい関西空港を運営する関西エアポート(KAP)は8月24日から31日まで、50周年を記念したイベントを開催する。  関空展望ホール「Sky ...
no title 002特別記事

6月の空港別定時出発率、羽田5カ月連続首位 英Cirium調査

 英国のデータ分析会社「シリウム(Cirium)」が公表した、2022年6月の空港別の定時出発率によると、発着規模が最も大きい「グローバル」部門で羽田空港が5カ月連続で首位となった。日本の空港は4カテゴリーすべてで首位と ...
no title 002特別記事

伊丹空港「オアシス」9月末で閉店 昭和34年開業の従業員食堂が前身

 伊丹空港で前身時代を含めると63年前から営業するレストラン「オアシス」が9月30日を最後に営業を終了する。空港の従業員向けとしてスタートし、現在は一般客も利用できるが、1階の奥まった場所にあるため知る人ぞ知る店だ。   ...
no title 002特別記事

関空、6月の旅客3倍超52万人 国際線は入国増加続く

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港を運営する関西エアポートグループの2022年6月利用実績(速報値)によると、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は、前年同月比3.62倍の52万4388人だった。新型コ ...
no title 002特別記事

関空22年上期、旅客2.5倍 入国規制緩和と国内流動、前年大きく上回る

関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港を運営する関西エアポートグループが発表した2022年上期(1-6月)の利用実績によると、関空は通過旅客を含む国際線と国内線の総旅客数が前年同期比2.51倍の253万40人だ ...
no title 001並び記事

5月の空港別定時出発率、羽田4カ月連続首位 英Cirium調査

 英国のデータ分析会社「シリウム(Cirium)」が公表した、2022年5月の空港別の定時出発率によると、発着規模が最も大きい「グローバル」部門で羽田空港が4カ月連続で首位となった。日本の空港は4カテゴリーすべてで首位と ...
no title 000注目記事

JAL、伊丹発着ジェイエア便利用でUSJ貸切イベント招待 抽選500人

 日本航空(JAL/JL、9201)は、伊丹発着のジェイエア(JAR/XM)運航路線に2回搭乗することで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で開かれるJALの貸切イベント「JALプレミアムナイト」のペアチケットが ...
no title 002特別記事

関空、5月の旅客3倍超49万人 国際線は増加傾向続く

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港を運営する関西エアポートグループが発表した2022年5月利用実績(速報値)によると、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は、前年同月比3.40倍の49万9770人だった ...
no title 002特別記事

関空、5月の旅客3倍超49万人 国際線は増加傾向続く

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港を運営する関西エアポートグループが発表した2022年5月利用実績(速報値)によると、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は、前年同月比3.40倍の49万9770人だった ...
no title 000注目記事

伊丹空港、AIで自動装着する搭乗橋 ボタン一つで自動化

 関西3空港を運営する関西エアポート(KAP)は、伊丹空港にAI(人工知能)を活用してPBB(搭乗橋)を6月27日から導入する。新明和工業(7224)製で、AIと画像認識技術により航空機のドアを認識し、PBBの装着完了ま ...
no title 002特別記事

関空、2期連続で最終赤字 赤字幅302億円圧縮=22年3月期

 関西・伊丹・神戸の関西3空港を運営する関西エアポート(KAP)の2022年3月期通期連結決算は、純損益が302億円の赤字(前期21年3月期は345億円の赤字)だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で ...
no title 002特別記事

4月の空港別定時出発率、羽田が首位3カ月連続 英Cirium調査

 英国のデータ分析会社「シリウム(Cirium)」が公表した、2022年4月の空港別の定時出発率によると、発着規模が最も大きい「グローバル」部門で羽田空港が3カ月連続で首位となった。日本の空港はミディアム(中規模)以外の ...
no title 002特別記事

エアバスと関西エアポート、航空機の水素利用で連携

 エアバスと関西エアポート(KAP)は6月10日、関西と伊丹、神戸の関西3空港で水素の利活用検討に関する連携の覚書を締結した。水素を動力とする航空機の運航実現に向け、政策提言や課題に取り組むロードマップづくりなどを共同で ...
no title 000注目記事

伊丹空港、ランウェイウォーク7/9開催 地元小学生を招待

 関西3空港を運営する関西エアポート(KAP)は5月27日、伊丹空港で滑走路を歩く「ランウェイウォーク」を7月9日早朝に実施すると発表した。対象は空港周辺に住む小中学生と保護者で、25人が参加する。伊丹での実施は今回で3 ...
no title 002特別記事

関空、4月の旅客2倍超43万人 国際線は増加傾向に

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港を運営する関西エアポートグループが発表した2022年4月利用実績(速報値)によると、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は、前年同月比2.03倍の43万9084人だった ...
no title 002特別記事

3月の空港別定時出発率、羽田が首位2カ月連続 英Cirium調査

 英国のデータ分析会社「シリウム(Cirium)」が公表した、2022年3月の空港別の定時出発率によると、発着規模が最も大きい「グローバル」部門で羽田空港が2カ月連続で首位となった。日本の空港はスモール(小規模)以外の3 ...
no title 001並び記事

ジェイエア、佐渡市と伊丹空港で「空の市」5/13から4日間

 日本航空(JAL/JL、9201)グループで地方路線を担うジェイエア(JAR/XM)は、新潟県佐渡市と共同で「ITAMI空の市 佐渡島編」を、拠点の伊丹空港で5月13日から16日まで開催する。佐渡島の認知度向上や交流人 ...
no title 002特別記事

関空、3月の旅客92%増48万人 限定的な旅客流動続く

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港を運営する関西エアポートグループが発表した2022年3月利用実績(速報値)によると、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は、前年同月比92%増の48万2448人だった。 ...
no title 002特別記事

関空21年度、総旅客3年ぶり前年超え 国内線336万人、コロナ前の半数

 関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)を運営する関西エアポートと、神戸空港を運営する関西エアポート神戸が4月25日に発表した、3空港の2021年度通期(21年4月1日から22年3月31まで)の利用実績によると、関空は通 ...
no title 002特別記事

2月の空港別定時出発率、羽田が首位奪還 英Cirium調査

 英国のデータ分析会社「シリウム(Cirium)」が公表した、2022年2月の空港別の定時出発率によると、発着規模が最も大きい「グローバル」部門で羽田空港が首位を奪還した。日本の空港はグローバルを含め全4カテゴリーで首位 ...