ルフトハンザドイツ航空

no title 000注目記事

A320、33年で1万機納入到達 受注は1.5万機超

 エアバスの単通路機A320ファミリーは、累計納入数が8月に1万機に到達した。月内に33機引き渡したことによるもので、納入開始から33年5カ月での達成となった。 —記事の概要— ・8月に達成。節目 ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ、新客室仕様のA321neo就航 「エアスペース」で手荷物収納棚大型化

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は、エアバスの新客室内装「Airspace(エアスペース)」を採用したA321neoを就航させた。オーバーヘッドビン(手荷物収納棚)が大型化し、新しい照明システムなどを採用した。 ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ、羽田-フランクフルト線にA340-300 747-8から小型化

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は、ボーイング747-8型機で運航しているフランクフルト-羽田線(LH716/717)の機材を、現地時間8月11日のフランクフルト発LH716便からエアバスA340-300型機に ...
no title 001並び記事

ルフトハンザ、羽田-フランクフルト線にA340投入 五輪閉会後8月末まで

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は、フランクフルト-羽田線の機材を現地時間8月11日のフランクフルト発からエアバスA340-300型機に一時小型化する。羽田発は12日から31日までで、その後はボーイング747- ...
no title 002特別記事

ルフトハンザ、ミュンヘン便の再開延期 羽田は9月、関空10月に

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は、8月から順次再開予定だったミュンヘン発着の日本路線について、羽田線を9月、関西線は10月に延期した。  ミュンヘン-羽田線は現地時間9月1日から再開予定で、羽田発は翌2日から ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ、レトロ塗装747-8が羽田飛来 再開後初、1年4カ月ぶり

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)が7月から羽田便への投入を再開したボーイング747-8型機のうち、747を導入した1970年代の塗装を再現したレトロ塗装機(登録記号D-ABYT)が7月12日、羽田空港に姿を表わ ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ・カーゴ、A321を貨物機に改修 22年から2機

 ルフトハンザ・カーゴ(GEC/LH)は、旅客機のエアバスA321型機を貨物機に改修し、2022年初頭から2機投入する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で旅客需要の回復が遅れる一方で、貨物需要が旺盛なこ ...
no title 000注目記事

バッハ会長、来日はルフトハンザの旧塗装747-8

 “ぼったくり男爵”ことIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長(67)が7月8日午後、羽田空港第3ターミナル(旧称国際線ターミナル)に到着した。前回2020年11月15日の来日時はビジネスジェットだったが ...
no title 000注目記事

ルフトハンザの747-8、羽田便復活 週7往復

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は現地時間7月1日、フランクフルト-羽田線を週7往復のデイリー運航に増便し、機材をボーイング747-8型機に大型化した。747-8の再投入初便となったLH716便(登録記号D-A ...
no title A340

ルフトハンザ、A340を22年夏再投入へ A350にもファースト設定

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は、一時的に運航から外しているエアバスA340-600型機について、2022年夏をめどに再投入する。旅行需要の回復傾向を受けたもので、ミュンヘン発着のアジア・北米路線に投入する。 ...
no title 002特別記事

ルフトハンザ、羽田-ミュンヘン8月再開 関空・中部も

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は、ミュンヘン-羽田線を現地時間8月1日から週3往復で再開する。また、ミュンヘン-関西線とフランクフルト-中部線も順次再開する。  ミュンヘン-羽田線の機材はエアバスA350-9 ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ、羽田に747-8再投入 フランクフルト7月増便で

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は、フランクフルト-羽田線を現地時間7月1日から週7往復のデイリー運航に増便し、機材をボーイング747-8型機に大型化する。羽田発は翌2日から。  現在は週3往復で、フランクフル ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ・カーゴ、777F追加導入 年末に11機目

 ルフトハンザ・カーゴ(GEC/LH)は、ボーイング777F貨物機を年末までに1機を追加導入する。現在9機の777Fを運航しており、今秋受領する機体と合わせて11機になる。  777Fの最大貨物搭載量は102.87トンで ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ、A350-900と787-9追加発注 787は未納入機買い付け

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)を中核とするルフトハンザグループは現地時間5月3日、エアバスA350-900型機とボーイング787-9型機を5機ずつ計10機追加発注すると発表した。長距離国際線用機材で、787- ...
no title 000注目記事

ルフトハンザのA350、最長便達成し「帰還」 フォークランド諸島から14時間

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)で同社最長飛行を達成したエアバスA350-900型機(登録記号D-AIXP)が、現地時間2月4日にドイツへ「帰還」した。アルゼンチン沖の南大西洋にある英フォークランド諸島(アルゼ ...
no title 002特別記事

ルフトハンザ、A350で15時間超飛行 同社最長、フォークランド諸島へ

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は、同社最長飛行を現地時間2月1日に達成した。ハンブルクからアルゼンチン沖の南大西洋にある英フォークランド諸島(アルゼンチン名・マルビナス諸島)へ飛行したもので、飛行距離は733 ...
no title 000注目記事

NEC、ドイツ2空港でゲート“顔パス”開始 スターアライアンスと協業、マスク着用も可

 NEC(日本電気、6701)の顔認証技術を活用した本人確認プラットフォームについて、ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)とスイス インターナショナルエアラインズ(SWR/LX)がドイツのフランクフルトとミュンヘンの ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ・カーゴ関空便、777Fに大型化 MD-11F置き換えへ

 ルフトハンザ・カーゴ(GEC/LH)は、フランクフルト-関西線(仁川経由)の機材をマクドネル・ダグラス(現ボーイング)MD-11F型貨物機からボーイング777F型貨物機に大型化する。関西空港発着では10月28日のLH8 ...
no title 000注目記事

ルフトハンザ、A380とA340運航離脱 全機退役が濃厚

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)を中核とするルフトハンザグループは現地時間9月21日、8機のエアバスA380型機と10機のA340-600を運航計画から除外し、長期保管すると発表した。新型コ...