シンガポール航空

no title シンガポール航空

シンガポール航空、顧客管理の新システム導入、セールスフォースを採用、情報の一元管理で利便性向上へ

シンガポール航空は2021年後半に、セールスフォースのクラウドを活用。顧客問い合わせ窓口など顧客管理(CRM)で新システム導入へ。...
no title 002特別記事

シンガポール航空、福岡増便 週2往復に

 シンガポール航空(SIA/SQ)は3月23日、シンガポール-福岡線を現地時間4月3日から週2往復に増便すると発表した。  従来は週1往復で木曜のみだったが、土曜も運航。運航スケジュールは、福岡行きSQ656便がシンガポ ...
no title 002特別記事

おうち機内食も本格的に 中部空港、ファンイベントで機内カート抽選会

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社は、3月27日と28日に「第5回 航空ファンミーティング」を開催する。航空会社などのブース出展やオリジナル機内食の販売、空港で使用していた備品のジャンク市を開くほか、抽選 ...
no title エアライン

シンガポール航空、羽田3月再開 A350で週3往復

 シンガポール航空(SIA/SQ)は2月25日、羽田発着便を現地時間3月2日に再開すると発表した。火曜と木曜、日曜の週3往復運航する。  運航スケジュールは各日共通で、羽田行きSQ634便はシンガポールを午後2時5分に出 ...
no title 000注目記事

シンガポール航空、ワクチン接種乗員のみで運航開始 77%が接種済み

 シンガポール航空(SIA/SQ)は現地時間2月11日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として子会社のシルクエアー(SLK/MI)とLCCのスクート(SCO/TZ)を含む3社で、ワクチンを接種したパイロッ ...
no title 002特別記事

シンガポール航空、787-10を777Xに発注変更 受領待ち機材見直し

 シンガポール航空(SIA/SQ)は現地時間2月9日、航空機の受領スケジュールの変更について、エアバスとボーイング両社と合意したと発表した。受領時期の後ろ倒しに加え、ボーイング787-10型機14機を11機の777-9( ...
no title シンガポール航空

シンガポール航空、子会社シルクエアを来年度末までに完全統合、保有機と路線も順次移管へ

シンガポール航空は、2021年度(2022年3月31日)までに子会社のシルクエアの統合を完了させる。今後順次シンガポール航空のネットワークに移管され、シルクエアが保有するボーイング737-800NGもシンガポール航空に移管される。...
no title 002特別記事

シンガポール航空、3月から737導入 シルクエアー合併で近距離機材

 シンガポール航空(SIA/SQ)は現地時間3月4日から、ボーイング737-800型機の導入を始める。子会社のシルクエアー(SLK/MI)との合併に伴うもので、これまでの中長距離用機材に加え、近距離用の機材も運航すること ...
no title アプリ

シンガポールで初のデジタル健康証明による入国、陰性証明書をQRコードで発行、ブロックチェーン技術の活用で

デジタル版COVID-19健康証明書を認証するモバイルアプリ「ICC AOKpass」が、日本からシンガポールに帰国したシンガポール人の入国審査で初めて使用された。デジタル健康証明書は、品川イーストメディカルクリニックによって発行されたもの。...
no title 002特別記事

シンガポール航空、コロナ検査をオンライン一括管理 出発客に試験導入

 シンガポール航空(SIA/SQ)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する出発前のPCR検査と抗体検査(血清検査)について、予約から検査結果までをオンラインで一括管理するサービスを現地時間1月20日から ...
no title 000注目記事

シンガポール航空、羽田再開延期 緊急事態再発令で、既存路線は継続

 シンガポール航空(SIA/SQ)は1月13日、再開を計画していた羽田発着便について、18日からの運航開始を延期すると発表した。日本政府が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染再拡大に伴う緊急事態宣言を再発令 ...
no title 002特別記事

シンガポール航空、マイル会員の期限再延長 LCCスクート搭乗時も特典

 シンガポール航空(SIA/SQ)は1月7日、マイレージプログラムの上級ステータス「PPSクラブ」と「クリスフライヤー・エリート」について、3月から2022年2月の間に失効する会員資格の有効期限を再び1年間自動延長すると ...
no title NDC

シンガポール航空、NDCコンテンツの提供を開始、来年1月からアジア太平洋地域で

シンガポール航空は、アマデウスの「Amadeus Travel Platform」に接続している旅行会社向けに、同航空のNDCプログラム「KrisConnect」のコンテンツの提供を開始。1月にアジア太平洋から。2021年上半期中には他の市場でも順次展開していく予定。...
no title 000注目記事

シンガポール航空、スマホアプリでコロナ情報管理 世界初、入国者対象

 シンガポール航空(SIA/SQ)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査結果などをスマートフォンのアプリで管理する実証試験を、現地時間12月23日に世界で初めて開始した。新型コロナ情報を管理するIATA( ...
no title 002特別記事

中部空港、年末年始の国際線99.5%減1060人 14往復のみ

 中部国際空港会社は12月23日、中部空港(セントレア)の年末年始の国際線予約状況を発表した。予約数は出入国合計で前年比99.5%減の1060人となった。対象期間は12月25日から2021年1月3日までの10日間。  予 ...
no title 002特別記事

シンガポール航空、羽田1月再開 A350で毎日運航

 シンガポール航空(SIA/SQ)は、羽田発着便を2021年1月18日から1日1往復のデイリー運航で再開する。出張や駐在員の赴任などの旅客需要のほか、貨物需要にも対応していく。  1月から再開するのは、シンガポール-羽田 ...
no title シンガポール航空

シンガポール航空、羽田線を毎日1便体制で再開、来年1月18日から、今後も復便の可能性を模索

シンガポール航空は、羽田/シンガポール線を来年1月18日から毎日1便、週7便体制で再開。羽路線をデイリーで再開することで、同社による日本からシンガポールへの運航便数は計25便に。...
no title NDC

シンガポール航空で初めてのNDC国際線運賃の利用者、旅行会社向けプログラムで

2020年11月初旬、トラベルポートを通じて手配された最初のシンガポール航空のNDC運賃利用者が国際線フライトを利用。NDC経由で手配されたもの。...
no title シンガポール航空

シンガポール航空、名古屋線を12月2日から再開、成田・関西線も増便へ

シンガポール航空は中部線の運航を12月2日から週3便で再開する。成田、関空線も11月30日から増便。ビジネス客とともにを見込むとともに、堅調な貨物需要に対応する。...
no title 002特別記事

シンガポール航空、中部12月再開 成田・関空はデイリーに

 シンガポール航空(SIA/SQ)は11月18日、シンガポール-中部(セントレア)線を12月2日から週3往復で再開すると発表した。日本とシンガポール両国の段階的な入国規制緩和による旅客需要と、貨物需要が堅調であるためで、 ...