グランドハンドリング

no title 002特別記事

JAL、プッシュバック時間短縮でCO2削減 羽田で初導入

 日本航空(JAL/JL、9201)は6月1日、羽田空港を出発する国内線の一部で、スポット(駐機場)から航空機を牽引車で押し出す「プッシュバック」の距離を短縮する「ショートプッシュバック」を始めた。CO2(二酸化炭素)排 ...
no title 000注目記事

JAL、遊覧飛行に歴代制服CA グラハンスタッフはダンス披露

 日本航空(JAL/JL、9201)は5月30日、旅好きの人を対象にした自社のコミュニティサイト「trico(トリコ)」の開設2周年を記念した成田空港発着の「trico2周年記念特別チャーターフライト」(ボーイング767 ...
no title 002特別記事

JAL、プッシュバック短縮でCO2削減 羽田で6月から

 日本航空(JAL/JL、9201)は5月28日、羽田空港を出発する国内線の一部で、スポット(駐機場)から航空機を牽引車で押し出す「プッシュバック」の距離を短縮する「ショートプッシュバック」を6月1日から始めると発表した ...
no title 000注目記事

JAL、機内に長時間持続の抗菌剤 1回で3年以上、グループ全機に

 日本航空(JAL/JL、9201)は4月23日、長期間持続する抗ウイルス・抗菌コーティングを、機内の座席や壁面などを対象に開始したと発表した。JALグループの機材を含め、全機に順次施す。機内の抗ウイルス・抗菌加工は日本 ...
no title 000注目記事

成田空港、自動装着の搭乗橋スタート GPSで位置認識、グラハン技術を均一化

 成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)は4月20日、三菱重工交通・建設エンジニアリング(横浜市、旧・三菱重工交通機器エンジニアリング)と共同開発した完全自動運転の搭乗橋(PBB)の運用を開始した。PBBの操作盤に ...
no title 000注目記事

ANAと豊田自動織機、羽田空港で新型自動運転トラクターの実証実験

 全日本空輸(ANA/NH)と豊田自動織機(6201)は3月30日、羽田空港で自動運転の電動トーイングトラクターの実用化に向けた実証実験を報道関係者に公開した。貨物の搭降載などを担うグランドハンドリング(グラハン、地上支 ...
no title 002特別記事

【4K動画】JAL A350伊丹初の離陸

 日本航空(JAL/JL、9201)のエアバスA350-900型機(登録記号JA05XJ)が伊丹空港へ3月11日に初飛来。就航前のフィットチェックを終え、翌12日に羽田空港へ向けて離陸しました。  離陸時の4K動画を公開 ...
no title 000注目記事

JAL A350、伊丹でフィットチェック終え羽田へ

 伊丹空港へ初飛来した日本航空(JAL/JL、9201)のエアバスA350-900型機(登録記号JA05XJ)が3月12日午後、就航前のフィットチェックを終えて羽田空港へ戻った。  フィットチェックは、PBB(搭乗橋)や ...
no title 000注目記事

JAL、ステップ車を抗ウイルスコーティング 羽田の全車両

 日本航空(JAL/JL、9201)グループでグラハン業務を担うJALグランドサービス(JGS)は3月9日、羽田空港で使うすべてのステップ車に抗ウイルス・抗菌コーティング作業を実施した。新型コロナウイルス感染症(COVI ...
no title 000注目記事

JAL、自動運転トーイングトラクター導入 国内初、成田空港で

 国土交通省航空局(JCAB)は3月2日、航空貨物や手荷物の運送用コンテナをけん引する「トーイングトラクター」(TT車)について、国内では初となる自動運転のTT車を成田空港で導入すると発表した。空港を運営する成田国際空港 ...
no title 000注目記事

ANA、羽田制限エリアで自動運転バス試験運用 グラハン移動、年内にも旅客向け

 全日本空輸(ANA/NH)は2月1日、従業員の移動に大型自動運転バスを活用した試験運用を、羽田空港の制限区域内で開始した。ソフトバンク(9434)傘下のBOLDLY(ボードリー、旧SBドライブ)と先進モビリティ(目黒区 ...
no title 000注目記事

JGS、グラハン国際基準「ISAGO」取得で安全・品質向上 コロナ後の新規受託目指す

 航空機を運航する上で不可欠な業務の一つが、機体の誘導や貨物の搭降載など空港のグランドハンドリング(地上支援)業務だ。ここ数年は自動運転や手荷物の搭載ロボットの実証など、仕事の進め方が数十年間変わらなかったと言われるグラ ...
no title 000注目記事

成田旧管制塔、旧C滑走路も想定 40年以上見守りまもなく解体

 成田空港開港直前の1978年3月、過激派が占拠事件を起こした旧管制塔が今年度内にも解体される。成田は国内の空港では唯一、航空機の地上移動業務を国土交通省航空局(JCAB)の管制官と、空港を運営する成田国際空港会社(NA ...
no title 000注目記事

JAL系JGS、羽田・成田で国際グラハン基準「ISAGO」取得

 日本航空(JAL/JL、9201)グループで、航空機の誘導や貨物の搭降載など空港のグランドハンドリング(地上支援)業務を担うJALグランドサービス(JGS)は12月16日、国際基準「ISAGO(アイサゴ、IATA Sa ...
no title 000注目記事

ANAと豊田自動織機、手荷物コンテナに自動搭載 ロボットが判別、佐賀空港で検証

 全日本空輸(ANA/NH)と豊田自動織機(6201)は12月16日、佐賀空港で展開している手荷物運用の実証実験を報道関係者に公開した。両社で共同開発した、手荷物の自動積み込みロボットと運転者が乗車しない自動運転のトーイ ...
no title 000注目記事

ANAと豊田自動織機、手荷物自動搭載ロボット開発 佐賀空港でコンテナ積込検証へ

 全日本空輸(ANA/NH)と豊田自動織機(6201)は、共同開発した手荷物の自動積み込みロボットと運転者が乗車しない自動運転のトーイングトラクターを組み合わせた手荷物運用の実証実験を、佐賀空港で12月14日から18日ま ...
no title 002特別記事

【動画】国内初!ロボットが手荷物搭載 ANAが佐賀空港で実用化

 空港で乗客が預けた手荷物を「バルクカート」と呼ぶ荷車にロボットが自動積み込みする作業を、全日本空輸(ANA/NH)が実用化。佐賀空港で公開しました。  乗客が預ける荷物の約6割にあたるキャスター付きのキャリーバッグを、 ...
no title 000注目記事

ANA、ロボットが自動で手荷物搭載 国内初、佐賀空港で自動運転車両と連携

 全日本空輸(ANA/NH)は、乗客が預けた手荷物をロボットが自動で「バルクカート」と呼ぶ荷車に積み込む様子を、佐賀空港で報道関係者に公開した。国内初の取り組みで、3月に実用化したもの。乗客が預ける荷物の約6割にあたるキ ...
no title 000注目記事

運用室は四角形に 写真特集・成田空港新ランプタワー

 成田空港のエプロン(駐機場)を走行する航空機などを管理する...
no title 000注目記事

化粧室は金具の指紋もきれいに 特集・JALの清潔追求

 「化粧室にはこだわりがあり、心を込めて清掃してきた土壌があ...