エアバス

no title 002特別記事

エール・オーストラル、A220-300初号機受領 仏初導入

 仏領レユニオン島を拠点とするエール・オーストラル(REU/UU)はこのほど、同社向け初号機となるエアバスA220-300(登録記号F-OLAV)を受領した。初号機を含め3機導入予定で、残りの2機も間もなく受領する見込み ...
no title エアバス

エールフランス航空、エアバスA220-300型機を導入 9月初受領へ

エールフランス航空は、エアバスA220-300型機の初号機を9月にも受領する。 短中距離路線用のエアバスA318型機とエアバスA319型機の後継機として60機を導入する。旧世代機と比べて燃料消費量を20%削減し、騒音を3 投稿 エールフランス航空、エアバスA220-300型機を導入 9月初受領へ は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。...
no title 002特別記事

エールフランスのA220初号機、新塗装でロールアウト

 エールフランス航空(AFR/AF)は、エアバスA220-300型機の初号機(登録記号F-HZUA)がカナダのケベック州ミラベルにあるエアバスの塗装工場からロールアウトしたことを明らかにした。新デザインの塗装が施され、9 ...
no title 000注目記事

JAL、破綻教訓に貨物機導入せず 菊山専務「ボラティリティ高い」

 日本航空(JAL/JL、9201)の財務・経理本部長の菊山英樹専務は8月3日、貨物専用機導入や旅客機の貨物機改修に否定的な考えを示した。世界的な国際線の運休や海運需要のひっ迫で同社の貨物事業は好調だが、「ボラティリティ ...
no title 002特別記事

チリLCCスカイ、A321neo国内初導入 LEAPエンジン採用

 チリLCCのスカイ・エアライン(SKU/H2)は、同社向け初号機となるエアバスA321neo(登録記号CC-DCA)を導入した。航空機リース会社エアリース・コーポレーション(ALC)からのリース機で、A321neoの導 ...
no title 002特別記事

エアバス、最終黒字3四半期連続 民間機の納入・受注増、21年4-6月期

 エアバスの2021年4-6月期(第2四半期)連結決算は、純損益が18億6900万ユーロ(約2432億6900万円)の黒字(前年同期は14億3800万ユーロの赤字)だった。売上高は70%増の141億7700万ユーロ、調整 ...
no title 000注目記事

エアバス、A350貨物型開発へ 25年就航視野

 エアバスは、A350型機の貨物型の開発を取締役会で承認した。2025年の就航を目指す。  現地時間7月29日の決算発表で明らかにしたもので、顧客や機体の詳細には言及しなかった。A350は標準型のA350-900と長胴型 ...
no title 000注目記事

ANAのA380、エコノミー先着販売チャーター開催 セブン子会社

 セブン&アイグループのセブンカルチャーネットワーク(千代田区)は7月31日、全日本空輸(ANA/NH)のエアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」による遊覧飛行を成田空港発着で実施した。エコノミ ...
no title 000注目記事

独コンドル航空、A330neoを16機導入へ 22年秋に初号機

 エアバスは現地時間7月29日、ドイツのコンドル航空(CFG/DE)がA330-900型機(A330neo)を16機導入すると発表した。このうち7機分は購入機として合意し、残りの9機はリース機となる見込み。初号機は202 ...
no title エアバス

コンドル航空、エアバスA330-900neoを16機導入

コンドル航空は、エアバスA330-900neoを16機導入し、長距離路線用機材を置き換える。 内訳は購入が7機、リースが9機で、2022年秋の初受領、2024年半ばの受領完了を予定している。南北アメリカやアフリカ、カリブ 投稿 コンドル航空、エアバスA330-900neoを16機導入 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。...
no title 000注目記事

ANA、A380で沖縄・奄美上空飛ぶチャーター 世界自然遺産記念

 全日本空輸(ANA/NH)は7月28日、エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」でユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界自然遺産に登録が決まった鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄島北部と西表島の ...
no title 000注目記事

スターフライヤー、初の購入機8号機が離日 ロゴ消し女満別経由で米国へ

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)が2012年に初めて自社購入機として導入したエアバスA320型機の8号機(登録記号JA08MC)が7月27日、本社のある北九州空港を出発し、リース会社へ返却するため米国へ向かっ ...
no title 002特別記事

ANAのA380、新千歳でも遊覧飛行 9月に実施

 全日本空輸(ANA/NH)は7月26日、総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」による新千歳空港発着の遊覧飛行を9月19日に実施すると発表した。  新千歳空港に集合後、午後 ...
no title 000注目記事

ANA、A380で初の成田-新千歳・那覇チャーター 新千歳遊覧も

 全日本空輸(ANA/NH)は7月26日、総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」によるチャーターフライトを、9月に成田-札幌(新千歳)間、成田-那覇間などで実施すると発表し ...
no title 002特別記事

金の鶴丸ロゴA350、コンテナも金色 写真特集・みんなのJAL2020ジェット3号機

 日本航空(JAL/JL、9201)の機体では初めて垂直尾翼に描かれた鶴丸ロゴが金色になった「みんなのJAL2020ジェット」の3号機(エアバスA350-900型機、登録記号JA06XJ)。7月23日に開幕した東京オリン ...
no title 002特別記事

エアバス、天津デリバリーセンターでA350初納入 中国東方航空へ

 エアバスは現地時間7月21日、中国・天津のワイドボディー・コンプリーション&デリバリー・センター(C&DC)でA350-900型機を初納入した。エアバス機の運航規模では世界2位の中国東方航空(CES/MU)へ ...
no title 000注目記事

JAL、金の鶴丸2020ジェット3号機就航 金色コンテナ載せ新千歳へ

 日本航空(JAL/JL、9201)は7月20日、開幕が近づく東京オリンピック・パラリンピックの特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」の3号機(エアバスA350-900型機、登録記号JA06XJ)を国内線に就航させ ...
no title 000注目記事

JAL、金の鶴丸ロゴで五輪選手応援 特別塗装2020ジェット3号機が国内線就航

 日本航空(JAL/JL、9201)は7月20日、開幕が近づく東京オリンピック・パラリンピックの特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」の3号機(エアバスA350-900型機、登録記号JA06XJ)を羽田空港の格納庫 ...
no title 002特別記事

サウジLCCフライアディール、A320neo導入 LEAPエンジン採用、737MAX契約撤回で

 エアバスは、サウジアラビアのLCCフライアディール(FAD/F3)がA320neoの同社向け初号機(登録記号HZ-FAN)を導入したと現地時間7月16日に発表した。フライアディールは今後3年間で、初号機を含めた同型機を ...
no title 000注目記事

スターフライヤーがA320neo予約登録か 国交省の航空機登録21年6月分

 国土交通省航空局(JCAB)によると、2021年6月の航空機登録は、予約登録受付が10機、新規登録が4機、移転登録が13機、変更登録が11機、抹消登録が9機で、予約登録取り下げはなかった。  新規登録では、日本航空(J ...